クリップ / Clip

 弾丸や弾倉をまとめるための器具。日本語では「装弾子」、または「挿弾子」とも。
 M1ガーランドマウザーなどの昔の銃では、弾丸をひとまとめにして装填するための道具の事を指していた。使用法は、M1ガーランドのようにクリップごと銃内部に装填する物と、マウザーのように固定式の弾倉にクリップを突っ込み、指で弾薬を弾倉内に押し込む物がある。
 交換式の弾倉(マガジン)が普及してからは重要性が減ったが、マガジンとは別に再装填用の装弾クリップをいくつか携行することもある。この場合は、空のマガジンにアダプターをつけた上でクリップを突っ込み、マウザー式に指で弾薬を一気に押し込む。一発ずつ込めるよりもはるかに素早く再装填でき、スペアマガジンをいくつも持ち歩くより軽量でかさばらないのが利点である。
 少数派だが、M14のように、銃にマガジンを装着したままでもクリップを使って再装填できる物もある(この場合は、ボルトを開いた後、上からクリップを突っ込んで装填する)。

 アメリカでは伝統的に一般的なボックス・マガジンのことを、クリップと呼称する場合がある。もちろん厳密的には誤りだが、海外サイトを閲覧する際などには翻訳に注意が必要。

 また、複数の弾倉をひとつにまとめる*1器具はマガジンクリップ(海外では特にマガジンクランプ)と呼ばれる。
 これは、複数のマガジンを同じ向きで横に並べ、それを固定するための物で、マガジンの抜き差しの動作だけでマガジンチェンジを迅速に行う事ができる。
 交換するマガジンそのものを銃と一体化出来るため予備弾倉の携行による装備の重量負担を減らす事が出来るという利点があるが、逆に銃そのものが重くなってしまうという欠点もある。*2
 通常は各マガジン専用のクリップを用意するが、MP5/40G36SG550シリーズFAMAE SAFなど、プラスチック製の弾倉そのものに連結用の部品が成型されていて、クリップ無しで連結を可能としているものもある。
 これらはいずれも、並んだマガジンがマガジンハウジングに干渉しないよう左右のマガジン間にスペースが空けられて固定されているのが普通であるが、クリップを用いずマガジンを上下逆さまにしてマガジンハウジングに覆われていない部分同士を密着させテープ等で固定するという方法もある。マガジン交換の際は、通常のクリップの場合抜いたマガジンを平行移動して次のマガジンを差し込むが、テープで固定した場合は抜いた後180°回転させて差し込む。
 このテープをクリップの代用とするスタイルは、安価で手軽に弾数を増やせる事からゲリラや民兵が利用する事が多く、AKをテープでダブルマガジンにしている写真は目にする機会も多い。ただ、このスタイルは逆さまになったマガジンリップを破損しやすい事や砂やゴミなどが混入し弾詰まりが起きやすい事から、最近の軍や公的機関では嫌われるようだ。
 
 メディア上では、特に古い映画においては経費節減?のためか、ダブルマガジンにテープを巻く事でマガジンクリップの代用としている場合が多い。
 ちなみにダイ・ハード2では、このテープの色を分ける事で、視聴者にも分かりやすいある演出をしている。



スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • マガジンクリップという言葉は、海外では装弾子や装填筐をさすことが多く、マガジンの連結器は、マガジンクランプと呼ばれることが多いので注意。 -- Macchi? 2010-09-18 (土) 10:00:39
  • M1ガーランドのクリップは真鍮製だと思いますが本文中にある装填用や携行用のクリップの材質は何でしょうか? 画像検索するとスティールに塗装(銃と同じ表面処理をしている?)や真鍮のような色合いのものが出てきてよく分かりません。 -- 2015-10-25 (日) 15:35:34
  • 装填用のいわゆる「ストリッパークリップ」と呼ばれるものも、M1ガーランドのエンブロッククリップと呼ばれるものも、スチール製が主ですね。海外Amazonで、"en-bloc clip" "stripper clip"と検索するとわかります。スチールクリップの表面にはブルーイングによる防錆処理がされてます。 -- 2015-10-25 (日) 23:27:42
  • STANAGの挿弾子は真鍮ですね -- 2015-12-12 (土) 20:45:01
  • 海外サイトでマガジンのことをクリップって言った奴が「クリップwwwwクリップてwwww」みたいなこと言われて煽られてるのよく見る -- 2016-10-09 (日) 00:26:41
  • スマホのことを携帯って呼ぶようなものなのかね? -- 2016-10-09 (日) 14:25:16
お名前:


*1 これは「ジャングルスタイル」と呼ばれ、元々は第二次大戦でアメリカ軍兵士が小銃等に行った現地改修が発祥とされる。
*2 厳密にはマガジンクリップではないが、MP40-IIはこの欠点のため成功しなかった。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:09:28 (590d)