S&W ヴォルカニック連発銃 / S&W Volcanic Repeater 【その他拳銃・小銃】

ヴォルカニックピストル
画像モデル全長重量口径装弾数製造国
ヴォルカニックピストル
ピストル?mm?kg.32口径
.41口径
6/8/10アメリカ
ヴォルカニックライフル
ライフル?mm?kg.32口径
.41口径
20/25/30

 ヴォルカニック連発銃は、弾丸自体に発射薬を仕込んだロケットボール弾を使用するレバーアクション式の銃である。ピストルモデルとライフルモデルの2種類が存在する。
 ヴォルカニック連発銃の原型となったのは、ウォルター・ハントが開発した「1848 ヴォリション連発銃(レバーアクション、チューブラーマガジン)」とケースレスの「ロケットボール弾」である。これは試作型のみだったが、1849年にルイス・ジェニングスがパテントを取得し、改良を加えた銃がロビンス&ローレンス社により少数が製造・販売された。
 1851年には、ホーレス・スミスがルイスモデルのパテントを取得し、改良を加えたヴォルカニック連発銃を開発する。スミスとダニエル・ウェッソンの二人は、この銃の製造・販売を行うため、1852年にS&W社(現在のS&W社とは異なる)を設立。1854年には、プライマーを追加した新型ロケットボール弾を開発し、1855年に社名をヴォルカニック・リピーティング・アームズに変更する。S&W社では1854〜1855年、ヴォルカニック社では1855年から同銃の製造・販売が行われた。その後、財政難により会社の所有権はオリバー・ウィンチェスターに移る。

 ヴォルカニック社を去ったスミスとウェッソンは、1857年に現在のS&W社を設立する。チューブラーマガジンを使用するヴォルカニック連発銃とは違い、今度はシリンダーを用いるリボルバーの開発に携わるようになる。その後のヴォルカニック社は、ニューヘイブン・アームズ、続いてウィンチェスターに社名を変更。ヴォルカニック連発銃(ライフルタイプ)のレバーアクション機構は、ヘンリー銃ウィンチェスターライフルの原型となった。

登場作品ジャンル使用者備考
コール・オブ・ファレスゲームファレスピストルモデル
ゲーム内名称“ヴォルカノガン”
二挺拳銃も可能
コール・オブ・ファレス 血の絆ゲームファレス
レッド・デッド・リデンプション項目参照

このページの画像はウィキメディア・コモンズ及びENDOの部屋から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 某サイトの解説では『薬莢は排出しない』と書かれていたのですが、実銃の動画では空薬莢を上部から排出していました。ケースレス以外のモデルも在るんでしょうか? -- 2012-03-20 (火) 08:17:32
  • 弾丸に発射薬を仕込む…っていうのはジャイロジェットみたいな感じなのでしょうか -- 2012-03-20 (火) 11:04:20
  • 弾丸の後ろに窪みが有り、そこに火薬を充填、雷管で蓋をする。 -- 2014-01-05 (日) 03:46:00
  • すごくシロウト質問ですがランダルカスタムみたいにスピンコック的なことってできます?あとモデルガンとかありますか? -- 2014-05-07 (水) 04:20:27
  • スピンコックは解らないけど、モデルガン(とガスガンとエアガン)はある。高い上に重いけどね・・・ -- 2014-12-31 (水) 22:27:09
  • これのモデルガンか・・・ちょっといいかも -- 2015-01-01 (木) 12:52:18
  • 遅ればせながら質問に答えていただきありがとうございます!モデルガン探してみます! -- 2015-02-26 (木) 10:40:30
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:09:42 (1195d)