ザウエル&ゾーン モデル1913 / Sauer & Sohn Model 1913 【自動拳銃】

M1913の無可動実銃
モデル全長銃身長重量口径装弾数製造国
M1913144mm78mm530g.32 ACP7+1ドイツ
M1919125mm65mm400g.25 ACP7+1

 M1913は、ドイツのザウエル&ゾーン社が1913〜1929年に製造していた、シングルアクションストライカー式の自動拳銃である。

 スライドは一般的な自動拳銃のものとは異なり、チューブ型という特徴的な形状をしている。
 フレーム左側にマニュアルセイフティ、グリップ底部にマガジンリリースレバーを備えている。トリガーガード内側にトリガーと連動したスライドキャッチ用ラッチがあり、トリガー操作のみでホールドオープンを解除できる。テイクダウンするには、スライド後部のキャップを外して内部のストライカーやブリーチブロックを引き抜いた後、スライドを取り外す。
 初期モデルにはマガジンセイフティ(レシーバー左側にはON/OFF用のボタン)があったが、後に廃止されている。初期モデルのマニュアルセイフティはトリガーを固定するのみで、落下時の暴発は防げなかったが、後にシアの結合を解除する構造に変更されている。

 1920年には.25ACPモデルの「M1919」、1926年には輸出モデルの「M1926」、1930年には改良モデルの「M1930」がそれぞれ登場している。

バリエーション

モデル特徴
M1913基本モデル
機能の細かな違いで、3つのバリエーションがある
M1919.25ACPモデル
M1913よりも小型化されている
M1926M1913の輸出向けモデル
マニュアルセイフティの改良
トリガーガード内のスライドキャッチ用ラッチを廃止
M1929ドイツ国内の軍・警察向けモデル
本体後部にコッキングインジケーター用のピンを追加
ランヤードリング装着用にグリップを加工してある
M1930M1913の改良モデル
エルゴノミクスグリップの採用
Behördenmodellトリガーセイフティを追加したモデル
 
登場作品ジャンル使用者備考
Hunde, wollt ihr ewig leben映画リンクマン少佐
スーパーフライ映画スカッター

このページの画像はArundel Militaria*1から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • DAO?
    見た感じSAっぽいんだが -- 2016-09-09 (金) 14:07:35
  • 1行目にシングルアクションって書いてありますよ(コメント後に編集された文だとしたら申し訳ない) -- 2016-09-10 (土) 01:59:40
  • 差分の作成日時を確認するとよいと思う -- 2016-09-10 (土) 07:46:35
お名前:


*1 無可動実銃を販売しているイギリスの会社。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-09 (金) 14:37:56 (2732d)