USSR DShK(-38) , DShKM(-38/46) 【重機関銃】

Dshk
全長重量口径装弾数製造国
1625mm34kg12.7mmx108メタルリンク給弾方式ソビエト連邦

 ソ連によって1938年に開発された大口径重機関銃。DShKはデグチャロヴァ・シュパーギナ・クルプノカリベルニ(Degtyareva-Shpagina,Krupnocalibernyj)の略。通称で「デシーカ」とも呼ばれる。

 DShKの前身となったのは、DP軽機関銃等で知られるヴァシリ・デグチャレフによって、DPをスケールアップして開発された12.7mm口径・ドラムマガジン式のDK(Degtyarev,Krupnocalibernyj:デグチャレフ大口径)機関銃である。ソ連軍部の依頼により、対航空機・対戦車攻撃を目的として開発されたDKであったが、低い連射速度と重くてかさ張るドラムマガジンが兵士達に不評を買い、わずか二年で製造中止となってしまった。

 DKに代わる大口径機関銃を求めたソ連軍部は、新機関銃の開発担当にゲオルギー・シュパーギンを据えた。シュパーギンは給弾方式ををメタルリンク式給弾に変更し、ドラムマガジン式給弾では作動不良を起こすために上げられなかった連射速度を毎分550〜600発まで向上させた。この改良型DKは軍部によるテストを受けた後、1939年「12.7mm Krupnocalibernyj Pulemet Degtyareva-Shpagina(12.7mm大口径機関銃 デグチャレフ-シュパーギン), DShK」として、ソ連軍に制式採用された。
 DShKはボルトの前後動に伴って回転する歯車を利用した特殊な給弾方式を採用していたが、後により小型で信頼性のある給弾機構に改良され、M1938/46・DShKMとして採用された。

 かくして戦線に送られたDShKは、第二次世界大戦時、既に重装甲化していた戦車には効果が薄かったものの、対軽装甲兵器としては十分な働きをした。また、低空飛行からの攻撃を行うドイツ軍機に対して、DShKによる対空砲火は大きな脅威となった。
 DShKとDShKMは西側のM2重機関銃?に相当する兵器として、ソ連以外でも中国、パキスタンなど多くの国で使用され続けた。現在は徐々に退役し、NSV重機関銃Kord重機関銃に置き換えられつつあるが、ロシア軍内でも未だに現役として使用が続けられている上、アフリカの紛争地帯では民兵のテクニカル(改造武装車輛)の搭載機銃としても現役である。

登場作品ジャンル使用者備考
Avalon 灰色の貴婦人小説カバルT-72の装備品
G.I.ジェーン項目参照
アームド・アサルト項目参照
ウルヴァリン:X-MEN ZERO項目参照
キャット・シット・ワン項目参照
ジオブリーダーズ項目参照
地獄の黙示録項目参照
処刑人項目参照
スターシップ・トゥルーパーズ項目参照
デス・レース項目参照
バッドボーイズ項目参照
ブラック・ラグーン項目参照
メタルギアソリッド3項目参照
メタルギアソリッド ピースウォーカー項目参照
ランボー項目参照

このページの画像はWikimedia Commonsから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 口径 -- 2011-11-12 (土) 15:47:35
  • ↑ボタンを押してしまいました。「口径」のページでこの銃の口径が12.7mm×107になってます。 -- 2011-11-12 (土) 15:49:14
  • wikiの英語版にはソビエト・ロシアの重機・対物ライフル用カートリッジとして12.7mmx108のページがあるんだよね -- 2013-09-06 (金) 15:24:58
  • 貼られてる画像の銃本体の上にマウントされてる箱状のものはなんでしょうか? ダットサイト・・・のわけないですよね? -- 2019-01-31 (木) 18:34:07
  • 違ったらごめん、サーチライトじゃないかな -- 2019-01-31 (木) 18:43:25
  • ダットサイトがちょっと惜しい。照準スコープの保護カバーで、中に照準スコープが入ってる。 -- 2019-01-31 (木) 19:00:39
  • ちなみに、このページの画像のはカバーを開いた状態。左から撮った画像でもあれば分かりやすいのだが。 -- 2019-01-31 (木) 19:02:32
お名前:

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS