レッドスティール / RedSteel

2006,UBIソフト

・概要
 Wiiで発売されたFPS。開発はフランスのUBIソフト。
 Wiiリモコンを刀に見立てて戦うチャンバラパートが節目に挿入されている。FPSパートではWiiリモコンは画面内の銃と連動し、横撃ちも可能。空港の警備員があまり一般的ではないMP412を持っていたり、ヤクザが自衛隊の89式小銃を持っていたりと、銃器のチョイスは独特である。

 ヤクザの話す片言の日本語や、中華風と和風が入り混じった東京の町並みなど、「外国から見た間違った日本」といった雰囲気を持つが、序盤のアメリカステージでラッパー風の太った黒人男性がバットを持って襲ってきたりと、日本だけでなくアメリカも勘違いしている節が見られる(メーカーのUBIソフトはフランスの会社である)。

 集中力によって体感的な時間の速度を遅くして、敵の動きを止めて攻撃できるフリーズショットや「降参した敵を見逃す」「無駄弾を使わない」などスマートな戦い方をすると、『侍ポイント』が貯まり新しい技を習得できるなどのシステムが特徴。
 日本でのイメージキャラクターは俳優の松田龍平を起用。ちなみに本作には佐藤組というヤクザが登場するが、松田龍平の父、松田優作は映画『ブラックレイン』で佐藤というヤクザを演じていた(『ブラックレイン』も他の映画ほどでないにしろ、"日本を勘違いした映画"と言われている)。

・ストーリー
 主人公スコットはロサンゼルスのホテルで婚約者のミユの父・佐藤と初めて会う予定だったが、そこへ謎の武装集団が現れてミユをさらっていく。
 佐藤は実は自分が日本の巨大ヤクザ組織"佐藤組"の組長で、あの武装集団は佐藤組に代々伝わる名刀『刀霧』を狙った敵対ヤクザ組織だろうと話す。
 スコットはミユを救い出すという決意を胸に、単身東京へ渡る。
 

銃器名(作中の名称)銃種備考
P99自動式拳銃
COLT45装弾数20発
パラ・オードナンス1911?
M40装弾数16発
MP412回転式拳銃
UZI?短機関銃装弾数45発
3点バーストフルオートのみ
MP7?装弾数45発
ストックフォアグリップ使用せず
BENELLI散弾銃装弾数6発
普段はポンプアクション、フリーズショット時はセミオート
TYPE12使用中はドラムマガジン、床に落ちているときは箱型マガジン
SCAR突撃銃
TYPE893点バーストフルオートのみ
SNIPER狙撃銃型式不明ボルトアクションライフル
スコープ付き、ストレートプル?、マガジン装填式、装弾数25発
グレネード手榴弾銃とは別に6個持てる
MK3A2手榴弾のような缶型

レッドスティール2/RedSteel2

2010,UBIソフト
 

 Wiiリモコンの機能を高めるWiiモーションプラス専用ソフトである。ヤクザと戦う前作と違い、西部劇と日本が融合した世界観になっている。
 戦闘は刀を使った接近戦が中心になり、銃は種類が少なくなっている。その代わりお金を使って「いらない部品を外して連射力を上げる」「部品を良いものに換える」など、銃のパワーアップが可能となっている。

銃器名銃種備考
357ロングアーム回転式拳銃7連発(実際の装弾数は8発)の中折れ式リボルバー
ファニングで発射
パスワード入力で他の武器と変更される
ツインバレル散弾銃ソードオフ水平2連散弾銃
42-SDサイドワインダー小銃レバーアクション式(作中の解説ではボルトアクション
右装填、左排莢、ランダルカスタム?
ジョニーガン短機関銃トミーガン?がモデルと思われる
ドラムマガジン
2点バーストフルオートのみ
タタロー自動式拳銃ペインが使用している
主人公はパスワード入力でのみ使用可能
バラクーダシンジローが使用している
主人公はパスワード入力でのみ使用可能
ガトリングガン(名称不明)機関銃カタカラチェーンガンナーが使用、シールド付き
ムービーシーンではシンジローも使用
プレイヤーは使用不可
オートオードナンス トンプソン?カタカラが使用、プレイヤーは使用不可
ウィンチェスター M1873?小銃ムービーシーンでジャッド(保安官)が使用

コメントはありません。 Comments/レッドスティール?

お名前:

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS