象撃ち銃 / Elephant gun

 象撃ち銃は、猛獣狩り(big game hunting)に使用される大口径銃の総称である。象(を含む大型動物)を狩ることが目的なので、このような名称で呼ばれる。シングルショットライフルや二連式ライフル、ボルトアクションライフルなどが該当する。

 19世紀初期、ヨーロッパ人はアフリカ探検で大型動物と遭遇した際に対処出来る携行可能な銃を持ち込んでいた。最初の銃は鳥撃ち用の前装式散弾銃で、鉛のボール弾を使用するものだった。しかし、ある狩猟者によると、一頭の象を仕留めるのに35発以上も弾丸を使ったという。「厚皮動物を仕留めるためには、より大きな銃を」と考えたガンスミスたちは、火薬の量を増やし、重量のある弾丸(鉛のボール弾や円錐型スラッグ弾)を使用する滑空銃を開発する。これらは黒色火薬時代(1850〜1890年)の象撃ち銃として知られている。だが、これほど強力な弾薬にも関わらず初速は遅く、象の頭蓋骨を貫通させることはできなかった。黒色火薬と鉛弾では、初速と貫通力の面で限界がきていたのだ。

 19世紀後半、ジャケット弾と無煙火薬が登場したことで猛獣狩りのスタイルが変化する。特に、初速・貫通力で抜きんでたニトロエクスプレス弾をはじめとする、大口径のマグナムライフル弾が登場したことで、それ以前の象撃ち銃は姿を消してしまった。また、.50 BMGなど重機関銃用の弾薬を使用する象撃ち銃を製作するガンスミスもいた。

 代表的な象撃ち銃用の弾薬
・ Nitro Expressシリーズ(.600 NE、.700 NEなど)
・.416 Remington Magnum
・.458 Winchester Magnum
・.460 Weatherby Magnum
・.577 Tyrannosaur

 これら強力な弾薬の登場で、大型動物を仕留める確率は格段に上昇した。十分な貫通力・ストッピングパワーは、全ての象撃ち銃に共通のコンセプトである。しかし、猛獣狩りにおいて重要なのは弾薬の威力だけではない。重すぎる銃は運搬が大変で、素早く移動する動物に狙いを付けるのが難しくなるからだ。象牙の乱獲などで狩猟が禁止となった以降の象撃ち銃の役目は、猟区管理人やツアーガイドのハンターが携行するバックアップ用銃へと変わった。

 象撃ち銃は、猛獣狩りだけではなく戦争でも使用された。第一次世界大戦時、イギリスとドイツの両軍は塹壕戦の手詰まり感を打破するために、アフリカの植民地から象撃ち銃を調達している。イギリス軍の象撃ち銃は、ドイツ軍のスチール製防弾プレート(歩兵が前進時に携行する防具で、普通の小銃では太刀打ちできない)を貫通させることに成功。対するドイツ軍も、M1918 対戦車ライフルを使ってイギリス軍の戦車を破壊した。
 第二次世界大戦のアフリカ戦線では、イタリア軍の司令官・アオスタ侯アメデオ皇太子が、自身のコレクションである象撃ち銃を部下たちに支給し、イギリス軍の装甲車を破壊させている。

 ちなみに、20mm対戦車ライフルのラティ m/39は、継続戦争で発揮した威力から“ノルスピッシィ(Norsupyssy = Elephant Gun)”の愛称を持つ。ただし、猛獣狩り用に設計された銃ではないので、正確な意味での象撃ち銃ではない。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ここに記事がある像撃ち銃はツェリカだけになりますか? -- 2016-02-16 (火) 21:22:09
  • ツェリスカは象撃ち銃ではない。そもそも実用性が無い。 -- 2016-02-16 (火) 21:38:23
  • このページの存在意義が分からん。何のために作ったんだ?自己満足か? -- 2016-02-16 (火) 21:39:19
  • 一応小銃のウェザビーMk垢發海旅猝椶貌るのかな? -- 2016-02-16 (火) 23:20:00
  • いっそだれかがホーランド&ホーランドのライフルのページを作れば・・・・・・・・・・・・・ -- 2016-02-16 (火) 23:20:50
  • 定義的にニトロエクスプレス700を使用するライフルは象撃ち銃になりますか? -- 2019-02-12 (火) 19:07:25
  • 定義なんてのはありませんよ。アサルトライフルと同じでこれならこういう使い方ができる、と言って売られているだけです。 -- 2019-02-12 (火) 21:19:20
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-10-08 (土) 18:54:38 (2551d)