ラティ m/39 / Lahti m/39 【対戦車自動小銃】

ラティ m/39
全長重量口径装弾数発射形式製造国
2240mm49.5kg20mm×13810Sフィンランド

 “象撃ち銃*1”の愛称を持つ、フィンランド製セミオート対戦車ライフル
 アイモ・ラティ技師が開発した本銃は、第2次世界大戦勃発直後の1939年に開発。同年末に発生した冬戦争では試作型の2挺が実戦投入され、ソビエトの戦闘車両相手に威力を発揮した。
 続く継続戦争でも約1800挺のm/39が投入され、その頃のT34やKV戦車に代表される急進化した戦車相手には力不足の感があったが、それでも極度に不足する戦車や対戦車砲の代用として重宝され、敵攻撃機に対する対空銃としても使われるなど継続戦争終結まで第一線で使われ続けた。
 大戦後、生き残ったm/39は1960年代にアメリカの銃器コレクター向けとして約1000挺が輸出され、残りは対ヘリコプター火器として配備され続けたが、1988年に最後のm/39が配備解除され、その役目を終えた。

登場作品ジャンル使用者備考
GENE-Z項目参照
アリソン3-下-小説ヴィルヘルム・シュルツ
アリソンとリリアアニメヴィルヘルム・シュルツ武器商人の荷物から借用したもの
装甲車狙撃時に4発使用
学園キノ項目参照
ジオブリーダーズ項目参照
デビル メイ クライ 3項目参照
トリニティセブンアニメ浅見 リリス劇中オリジナルデザイン
魔導書が変化したもの
標的はひとり小説成毛 泰男

このページの画像はシカゴレジメンタルスから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

お名前:


*1 フィンランド語でノルスピッシィ(Norsu(象の)pyssy(銃))

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-12-13 (水) 19:04:30 (586d)