AMT オートマグII / Auto Mag II 【自動拳銃】

AMT オートマグII
モデル全長重量口径装弾数製造国
II235mm910g.22WMR
.17HMR
9+1アメリカ
II Modified203mm850g.22WMR9+1
II Compact171mm680g.22WMR7+1
III267mm1,219g.30Carbine
9mmWinMag
8+1
IV267mm1,304g.45WinMag
10mmMag
7+1
V273mm1,305g.50AE7+1

 初代オートマグを最後に生産していたアメリカのAMT社(Arcadia Machine and Tool Inc.)が開発したマグナムオートシリーズ。
 設計を担当したのは初代オートマグの設計者でもあるハリー・サンフォード。総ステンレス製なのは相変わらずで、初代オートマグの後継機として発売されているが、実際はコルト ガバメントのコピーで外見も中身(閉鎖・作動方式)も大きく異なる。初代オートマグが独自のターンボルトロッキングを用いたショートリコイルであるのに対し、IIはストレートブローバック、III以降はティルトバレルロッキングによるショートリコイルである。この方式はマグナム弾などの高圧弾には不向きで、オートジャムの汚名を返上しきれていない感がある。

 IIは1987年、IIIは1992年、そしてIVとVは1993年から製造されていたが、狩猟用のサイドアームとしては信頼性に劣り、マグナム弾を使用する故のグリップの握り辛さなどによって、1990年代後半には消えてしまった。
 しかし2006年、ハイスタンダード社の再建によりオートマグIIとIIIの製造が再開。更にオートマグIIのショートモデルであるオートマグII Modifiedもラインナップに加えられており、オートマグシリーズ復活の兆しを見せている。

登場作品ジャンル使用者備考
6のトリガー項目参照
OPERATION7項目参照
killer7項目参照
天使ノ二挺拳銃項目参照
ペルソナ2項目参照

このページの画像はHigh Standardから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。



スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 画像追加しましたっす。 -- UP? 2006-04-11 (火) 17:38:24
  • UPさん、残念ながらこのサイトはAMT社のサイトではなく、個人のファンサイトです。加えて画像タイトルにも機種依存文字が含まれています。よって削除しました。 -- アセリア? 2006-04-11 (火) 18:11:15
  • あ、そうだったんですか?それは失礼いたしました。ちなみにその個人の人にも、失礼いたしました。 -- UP? 2006-04-13 (木) 18:23:46
  • 最初が最後になっていたので修正。携帯では限界ロード文字数があるため半角文字にしました。すいません。 -- yet? 2006-05-19 (金) 10:54:29
  • AMTは最後にオートマグ(初代)を生産した会社で間違いないはずですよ。AM→TDE→ハイスタ→AMTの順です。 -- アセリア? 2006-05-19 (金) 15:59:15
  • そうだったんですか? すいません、修正しておきます。 -- yet? 2006-05-19 (金) 17:24:57
  • 遂にハイスタからオートマグIIが・・・! 画像もマルイのエアガン(III)から、ハイスタのIIに差し替え。 -- 内或羅戸保手夫? 2006-07-08 (土) 19:15:26
  • オートマグ2はM92Fみたいにバレルが露出してるように見える。バリエーションめっちゃあるwww -- 18禁野郎? 2012-06-11 (月) 19:36:36
  • オートマグ3の30.カービン弾は2丁で撃つのに適してそう。 -- hard gay? 2012-08-31 (金) 18:13:26
  • 真面目に記事読んでいたが、「オートジャム」が出てきて草。汚名は引き継がれるのかw -- 2017-04-24 (月) 21:52:31
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:06:34 (591d)