AMT オートマグII / Auto Mag II 【自動拳銃】

 nolink,AMT オートマグII
モデル全長重量口径装弾数製造国
II235mm910g.22WMR
.17HMR
9+1アメリカ
II Modified203mm850g.22WMR9+1
II Compact171mm680g.22WMR7+1
III267mm1,219g.30Carbine
9mmWinMag
8+1
IV267mm1,304g.45WinMag
10mmMag
7+1
V273mm1,305g.50AE5+1

 アメリカのAMT社(Arcadia Machine and Tool Inc.)が開発した自動拳銃
 設計を担当したのは初代オートマグ同様ハリー・サンフォード。オートマグの名称で発売されているが、II系列は実際は1911をベースにした設計となっており、設計的にほとんど別物となっている。
 II系列は弱威力のリムファイア弾を用いるストレートブローバック、III以降は通常のショートリコイルで動作する設計となっている。

 IIは1987年、IIIは1992年、IVとVは1993年から製造されていたが、元々品質管理が悪く、不具合のある個体も多かったため1996年には生産が終了している。
 その後、2006年にはハイスタンダード社がAMT社製品の製造権を入手し、オートマグIIの再生産を再開した。
 2015年には「Automag.Ltd(オートマグ有限会社)」が設立され、再びオートマグシリーズの製造権を取得。2017年現在Excel Industry社との提携で生産ラインの構築を行い再生産へ向けて準備が行われている。
 

登場作品ジャンル使用者備考
6のトリガー項目参照
OPERATION7項目参照
killer7項目参照
天使ノ二挺拳銃項目参照
ペルソナ2項目参照

このページの画像はHigh Standardから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。



スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • AMTは最後にオートマグ(初代)を生産した会社で間違いないはずですよ。AM→TDE→ハイスタ→AMTの順です。 -- アセリア? 2006-05-19 (金) 15:59:15
  • そうだったんですか? すいません、修正しておきます。 -- yet? 2006-05-19 (金) 17:24:57
  • 遂にハイスタからオートマグIIが・・・! 画像もマルイのエアガン(III)から、ハイスタのIIに差し替え。 -- 内或羅戸保手夫? 2006-07-08 (土) 19:15:26
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-12-13 (水) 16:55:26 (67d)