AICW(Advanced Infantry Combat Weapon:次世代歩兵用戦闘火器)

 AICWは、オーストラリア政府のCTD計画(Capability and Technology Demonstrator)で開発された、試作型の次世代歩兵銃の名称である。同国政府の機関・DSTO(Defence Science and Technology Organisation)と、民間企業のメタルストーム社及びテニックス・ディフェンス・システムズの技術提携で開発された。基本コンセプトは5.56mmライフル/40mmグレネードランチャー/多目的光学サイト搭載の複合火器であり、アメリカが行ったOICW計画との類似点が見られる。

 ライフル部分はF88(オーストラリアでライセンス生産されているAUG)がベースで、ランチャー部分はメタルストーム社の技術を採用している。通常、M203のようなアンダーバレルタイプのランチャーでは、ライフルとランチャーでトリガーの位置が異なり、グリップを握り替える手間が生じてしまう。また単発式ランチャーではリロードに時間がかかる。AICWに要求されたのは、グリップを握り替える事なくライフルとランチャーが操作でき、複数の弾が装填できることだった。ライフル上部にランチャーを載せ、“セーフ/ライフル/ランチャー”の切り替えセレクターを設けている点では、OICWとあまり違いは無い。

 AICWの最も特徴的な点はランチャー部分にある。OICWでは弾の装填には箱型弾倉を使用していたが、これではサイズがかさばり余計に重くなってしまう。そこで採用されたのが、メタルストーム社が開発した“3ショット・グレネードランチャー(3GL)”である。これは一見するとシングルショットランチャーに見えるが、実は砲身内に3発の弾体をまとめて装填しており(1発目の後ろに、2、3発目が並ぶ)、最前弾から一発ずつ発射できる*1という独特な構造を持つ。撃発は、バットストック内部に組み込まれた電子制御式点火装置で行う。また、弾薬自体はケースレス仕様なので、排莢も行わない。

 レシーバー上部には多目的光学サイトが搭載されている。試作型「AICW VX3」では、ITL製Viperサイト(レーザーレンジファインダーとデジタルコンパス内蔵)や、Vinghog製FCS(射撃制御装置)を装着して射撃テストを行っていた。

 AICWの開発はフェーズ3まで進み、2005年には実弾使用のトライアルが実施されている。オーストラリア国防省の計画では、2010〜2012年にかけて同国の国防軍にAICWシステムを導入するという(現在の動向は不明)。

基本スペック

全長重量口径装弾数発射形式製造国
738mm6.48kg(非装填時)
7.85kg(装填時)
9.9kg(多目的光学サイト装着時)
5.56mm×4530S/Fオーストラリア
40mm3S
 


スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • んー何じゃこりゃ?詳しく書いてあるのはいいけど、登場作品無しじゃ削除かなぁ・・・ -- 2015-06-24 (水) 19:37:01
  • このページは銃器項目ではなく、用語一覧の項目として載せてあるので。 -- 2015-06-24 (水) 20:37:03
  • HK XM29の補足情報としてOICWのページがあるように、本ページもステアー AUGの補足情報(AUGのページに書くと邪魔になりそうですし)としての存在理由はあると思うのですが・・・ -- 2015-06-24 (水) 21:35:50
  • ゲーム『スプリンターセル カオスセオリー』(敵兵が使用)と、『Soldier of Fortune: Payback』(通常はゲーム内データとして存在し、MODで使用可能)に登場しています。 -- 2015-06-24 (水) 21:51:18
お名前:


*1 この発想は昔から存在し、身近な所ではローマンキャンドル(時間差で別々の火花が吹き出る仕掛け花火)がある。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:05:25 (590d)