FÉG 29M 【自動拳銃】

FÉG 29Mの無可動実銃
モデル銃身長全長重量口径装弾数製造国
29M3.94in172mm750g.380 ACP
.22 LR
7+1
?
ハンガリー
37M4.33in182mm770g.380 ACP7+1
P37(u).32 ACP

 29M(別名:M1929)は、ハンガリー共和国のFÉG(Fegyver és Gázkészûlékgyár。兵器および機械工場株式会社、の意)が、1929〜1935年に製造していたシングルアクション式の自動拳銃である。フロンマー・ストップを手掛けたことで知られる銃器デザイナーのルドルフ・フロンマーが設計を行った。

FÉG 37M

 作動方式は、ロングリコイルのフロンマー・ストップとは異なり、シンプルブローバックに変更されている。コッキングセレーションは大型だが、スライドはよりコンベンショナルなデザインになっている。グリップセイフティとグリップ底部のマガジンリリースレバーはフロンマー・ストップと同様の設計。

 29Mはハンガリー陸軍と空軍に採用され、合計50,000挺が製造された。1933年には、練習用・競技用として.22口径モデルも登場している。また、トリガーユニット付きのセミグリップストックと大型フォアグリップを装着したカービンモデルも少数ながら開発された(ただし、銃身長はそのまま)。
 1937年には改良モデルの「37M」が登場し、1942年まで300,000挺が製造された。29Mとの主な違いは、スライド後部の形状をノーマルタイプへ変更、ハンマーの小型化、弾倉底部にフィンガーレストを追加、など。

 ハンガリー軍が使用していた37Mは.380ACPモデルだが、第二次世界大戦で協力関係にあったドイツ軍向けに、.32ACP弾が使用できるように改修したモデルも開発された。ドイツ軍は「P37(u)」*1の名称で、50,000挺の37Mを使用している。オリジナルの37Mにはマニュアルセイフティは無かったが、P37(u)にはフレーム左側後部にレバーが追加されている。

登場作品ジャンル使用者備考
BorsTVドラマハンガリー警察37M

このページの画像はArundel Militaria*2及びウィキメディア・コモンズから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


コメントはありません。 Comments/自動拳銃/FEG 29M?

お名前:

*1 (u)は、ドイツ語でハンガリーを意味する"Ungarn"の頭文字。
*2 無可動実銃を販売しているイギリスの会社。

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS