USSR コロヴィン TK / СССР Пистолет Коровина ТК【自動拳銃】

コロヴィン TK
全長銃身長重量口径装弾数製造国
127mm67.5mm(2.66in)423g.25ACP8ソビエト連邦

 1926年にソ連のセルゲイ・コロヴィンが開発した自動拳銃。生産はツーラ兵器工廠にて1935年まで行われ、ソ連本国では1950年代まで運用された。ТК(TK)は「Тульский Коровин」の略で、「ツーラ・コロヴィン」といったことを意味する。

 作動方式はシンプルブローバックを採用している。弾薬は.25ACPを使用するが、構造が強力な弾薬に耐え切れなかったというわけではなく、後に専用の強装弾が開発された。セイフティはフレーム左側のトリガー上方に設置されており、また、マガジンキャッチは底部に存在するコンチネンタルタイプになっている。
 グリップパネルはТОЗ(TOZ…ツーラ兵器工廠の略)の文字が刻まれたプラスチック製のものと木製のものが存在し、さらに後者にはチェッカリングが施されたものと縦溝が掘られたものの2種類がある。なお、グリップパネルは1930年代初期まではスクリューで固定されていたが、その後はバネ付きラッチによる固定方式がとられるようになった。

 セルゲイ・コロヴィンはツーラ兵器工廠で、1922年より自動拳銃の開発を始めた。当初は7.65mm弾仕様の予定だったが、1925年にソ連のスポーツ・フィットネス管理局(ダイナモ)より、市民向けのスポーツ拳銃として6.35mm弾仕様の拳銃を求められたため、弾薬の変更が行われた。1926年にコロヴィンの拳銃は完成し、同年暮れより生産が開始された。翌年からは政府の承認も受け、「Пистолет Тульский, Коровина, образца 1926 года(ツーラ・コロヴィン式拳銃1926年型)」の正式名称を与えられることとなった。
 当初の運用は軍向けというよりかは文民向けとして展開され、NKVD(内務人民委員部)や民警への供給が主となった。また、赤軍の士官や政府高官の護身用や、贈答や表彰にも用いられたという。第二次世界大戦が終わった後も使用され、最終的には国有貯金局(スベルカッサ)にて用いられた。

登場作品ジャンル使用者備考
バイオハザード ダムネーション項目参照

このページの画像はWikimedia Commonsから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 傲慢が綻びを生むというのか……
    参考にしたもの:英Wikipedia(ttps://en.wikipedia.org/wiki/Korovin_pistol) -- 48? 2016-09-04 (日) 06:04:38
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-04 (日) 12:49:36 (1139d)