MAC Mle1950【自動拳銃】

MAC Mle1950
全長銃身長重量口径総弾数製造国
195mm111mm860g9mm×199フランス

 MAC50またはMle1950(MAC Modèle 1950)は、1950年にフランスのシャテルロー造兵廠(MAC:Manufacture d'armes de Châtellerault)にて開発された自動拳銃である。生産は1956年から同造兵廠でスタートしたが、1961年から加わったサンテティエンヌ造兵廠に翌々年の1963年から全生産が引き継がれた。このため、サンテティエンヌ造兵廠の名から取られた「MAS50」と呼ばれることもある。1978年の生産終了まで約341,900挺が製造された。
 それまでフランス軍で使用されていた先代のMle1935MAS38短機関銃の7.65mmローン弾より強力な9mmパラベラム弾を採用しており、1950年にフランス軍に採用されて以降1970年代まで使用された。モロッコなどアフリカ諸国でも使用した国があった。

 構造的には先代のMle1935を踏襲しており、1911とよく似たロックブリーチショートリコイル作動とリンク式ティルトバレルを用いている。トカレフに似たハンマーメカニズムのユニット化やシングルアクショントリガー、スライドのマニュアルセイフティなど整備性や操作性も同様だ。一方、より大口径の9mm弾に変更しながら、シングルカラムマガジンは一発増量されている。

登場作品ジャンル使用者備考
007項目参照
スプリガン項目参照
ゼロイン項目参照

このページの画像はWikimedia Commonsから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ロシア語をやってるのにフランスの銃しかやってない… ちなみにこのページは今のところ英Wikiとかモダンファイアアームズとかを基にしています。 -- M39? 2015-08-07 (金) 00:28:36
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:05:53 (1630d)