DW ダン・ウェッソンリボルバー / Dan Wesson Revolver 【回転式拳銃】

ダン・ウェッソンリボルバー M715 6インチバレル
モデル銃身長全長重量口径装弾数製造国
M126〜10in銃身長によって様々銃身長によって様々.357 Magnum6アメリカ
M15−in
M15-22.5〜15in.32 H&R
.357 Magnum
.41 Magnum
.44 Magnum
.45 Long Colt
M715 (現行モデル)2.5〜10in.357 Magnum

 アメリカのダン・ウェッソン・ファイアアームズ社(現:CZ社のアメリカ法人であるCZ-USA傘下)が製造している回転式拳銃。設計者であるダニエル・ベアード・ウェッソンII世は、S&W社の創始者の一人であるダニエル・ベアード・ウェッソンの曾孫にあたる。元々ウェッソンはS&W社に勤務していたが、後に退社し、1968年に自身の会社である「D.B. Wesson Inc.」を立ち上げた。

 外観はS&W社製リボルバーやコルト パイソンに影響を受けている部分があるが、ダン・ウェッソンリボルバーの大きな特徴のひとつは、ユニークなバレル交換方法にある。バレルの後部に露出型のナットが設けてあるので、別の銃身長に替える場合や劣化した物を交換する際に、簡単に着脱することが可能だ。
 最初のモデルは、W12もしくはダン・ウェッソン モデル12と呼ばれ、使用弾は.357マグナム弾である。後に改良型のM15が登場。銃身長は、2.5、4、6、8、10、12、15インチ・・・と様々。

 ウェッソンの死後、会社の所有権はウェッソンの家族や同業者の手に渡り、現在はCZ-USAの一部門として存続している。会社の所有権が転々としてもリボルバーは販売され続けたが、ウェッソンが生存していた頃に比べ、リボルバーよりも1911クローンの製造・販売が中心になっている傾向がある。

作品ジャンル使用者備考
アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス項目参照
オースティン・パワーズ:デラックス項目参照
ゴリラ項目参照
ザ・レイド項目参照
プレデター2項目参照
ラスト・アクション・ヒーロー項目参照

このページの画像はCZ-USAから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。



スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • この銃、ラッチはどこにあるんだろう シリンダー振り出す奴 -- 通りすがり? 2012-05-19 (土) 20:56:21
  • 普通、ラッチはシリンダーの後方にあることが多いですが、この銃はシリンダーの前方にあります。エジェクターロッドとシリンダーの間に、長方形の部品があるのが分かるでしょうか。 -- 2012-05-19 (土) 21:37:40
  • ああ、あれがそうか、ありがとうございます -- 通りすがり? 2012-05-21 (月) 23:08:34
  • PPCモデルはナンバリングされてないのでしょうか? -- 2014-09-04 (木) 18:01:24
  • .357 remington maximum (super magnum)に対応したモデルがあるらしいんだが、どのモデルなんだろう?現行型? -- 2016-01-16 (土) 19:27:05
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-07 (水) 06:29:33 (107d)