KBP RMB-93 / КБП РМБ-93 【散弾銃】

KBP RMB-93
モデル全長(伸長時)重量口径装弾数発射形式製造国
RMB-93657(914)mm2.6kg12ゲージ (2.75in シェル)
12ゲージ (3in シェル)
7
6
Sロシア連邦
Rys-K657(879)mm2.6kg12ゲージ (2.75in シェル)7
Rys-F809(1049)mm2.2kg

 RMB-93は、ロシア連邦のKBP開発局によって1990年初頭に開発されたポンプアクションショットガンである。元々はロシア国内の法執行機関向けの近接戦闘用火器だったが、民間モデルの販売も行われている。

 RMB-93の最大の特徴は、従来とは逆のレイアウトでバレルの真上にマガジンチューブが配置されていることである(この点はトルベロ NS2000と似ている)。この設計によりレシーバー部分を大幅に簡略化できるので、銃そのものの小型・軽量化が可能となっている。また、マガジンチューブは発砲時の反動を抑えるバレルウェイトとしても機能する(メーカーによると、20〜35%の反動軽減効果があるという)。
 装填方式も、他の多くの散弾銃が採用しているバックワード・フォワード方式ではなく、フォワード・バックワード方式となっている。方法は、まずチューブラーマガジン上部のローディングカバーを開いてシェルを挿入する。次に、バレルと一体化したフォアエンドを前方に動かすと、エキストラクターに掴まれたシェルがトリガー前方*1に下りてくる。最後に、フォアエンドを後方に戻すことでシェルが薬室に装填され、発砲準備が完了となる。排莢は、フォアエンドを前方に動かすと、真下にショットシェルが落ちる設計となっている。装填・排莢操作ともに利き手を選ばないアンビデザインの銃である。

 フォアエンドとグリップはポリマー製。金属製の折り畳み式ストック?を備えているが、折り畳み時はストックがローディングカバーを塞ぎ、シェルの装填は行えない設計となっている。

 民間モデルはRys(オオヤマネコの意)シリーズと呼ばれ、銃身長・ストック(ライフルストック、サムホールストック、フルグリップストック)・材質(木製、ポリマー製)の違いで複数のバリエーションが存在する。
 また民間モデルには、トリガー・ディスコネクターとトリガーロック機能(ストック折り畳み時にトリガーを固定する)が備わっている。

登場作品ジャンル使用者備考
SOCOM: U.S. Navy SEALs Portable項目参照
ゴーストリコン フューチャーソルジャー項目参照
スプリンターセル ブラックリスト項目参照
バトルフィールド2 モダン・コンバット項目参照
ペーパーマン項目参照

このページの画像はKBP Instrument Design Bureauから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ストックがバレルに向かって折り畳むのはスパスみたいですね。というか折り畳んだ状態では装填出来ないというのは何か不便そうに感じますな。 -- 2016-06-11 (土) 08:34:27
  • ロシアの幼年軍事学校の生徒が構えてる画像見つけたんですが
    意外と普及してるんですかね? -- 2017-08-17 (木) 09:12:20
  • 幼年軍事学校で使われていたというのは普及しているかどうかに何も関係ないと思いますが...
    記事通り民間モデルもある普通の製品です。 -- 2017-08-17 (木) 12:36:37
お名前:

*1 従来のボルトに相当する部品が無いので、代わりにトリガー前方に薬室閉鎖及び撃発機構が組み込まれている。

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS