南部 麒次郎 (1869〜1949)

 明治末期から大正、昭和にかけて活躍した、日本の銃器開発の第一人者。佐賀は鍋島藩の出身である。
 1903年から翌年にかけて、当時の東京砲兵工廠にて南部式自動拳銃を開発。日本陸軍は陸軍造兵廠にて改良を行い、十四年式拳銃を開発、採用している。
 もともとは陸軍の技術将校であり、最終階級は中将。退役後の大正14年、現在のミネベアの前身である南部銃製造所*1を設立した。上記の南部式自動拳銃の他、九四式拳銃等の開発を行っている。
 一説には南部銃製造所を設立する以前、大正末期にすでに自動小銃を考え設計していたと言われている。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 読みが"Keijiro"となっていましたが、Wikipediaほか複数のソースで"Kijiro"となっていましたので、修正させていただきました。 -- ベーゼン? 2011-06-27 (月) 11:58:09
  • もし当時の日本の工業力が高ければ、 -- 2015-04-24 (金) 23:11:12
  • この人は東洋のブローニングになれたのだろうか -- 2015-04-24 (金) 23:11:39
  • 品質管理上の問題を別としても南部氏の設計にブローニング氏程の画期的な、或は堅実な物は見られないように思います。 -- 三流陸曹? 2015-04-25 (土) 09:10:18
お名前:


*1 1936年に「中央工業」へ変更。戦後は「新中央工業」となり、その後ミネベアと合併。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:08:35 (2066d)