フリーダムアームズ M83 / Freedom Arms Model 83 【回転式拳銃】

フリーダムアームズ M83
 
モデル*1銃身長(インチ)口径全長重量装弾数製造国
904-364¾", 6", 7½".500 Wyoming Express銃身長によって様々銃身長によって様々5アメリカ
904-304¾", 6", 7½", 10".475 Linebaugh
904-314¾", 6", 7½", 10".454 Casull
904-334¾", 6", 7½", 10".44 Remington Magnum
904-374¾", 6", 7½", 10".41 Remington Magnum
904-354¾", 6", 7½", 9".357 Magnum
904-347010".22 LR

 アメリカのフリーダムアームズ社は、マグナム弾を使用するシングルアクションリボルバーの製造メーカーとして知られる。創立者はウェイン・ベイカーと、.454カスール弾の開発者であるディック・カスール。

 共同創立者であるカスールは以前から、従来よりも強力な弾薬を使用するリボルバーの構想を描いていた。そして、スタームルガー社のスーパーブラックホークのフレームをベースとした、試作型5連装リボルバーを開発する。こうして1983年に登場したのが「M83」であり、同社は.454カスール弾のリボルバーを製造・販売する初の民間メーカーとなった。

 M83は、.454カスール弾以外にも、多種多様な口径に対応している。1986年には、.45コルト弾と.44マグナム弾モデル。1991年には、.22LR弾の「M252」。1992年には、.357マグナム弾の「M353」。1993年には、.50AE弾の「M555」。1997年及び1999年には、.41マグナム弾と.475ラインボア弾モデル。2005年には、.500ワイオミングエクスプレス弾の「M83 .500WE」を発表している。
 1997年には、M83のコンパクトサイズとして、6連装、.357マグナム弾口径の「M97」が登場。こちらも、.41マグナム弾、.44スペシャル弾、.45コルト弾、.22LR弾といった各種口径が用意されている。

 また仕上げの違いで、フィールドグレード(低価格、マットステンレス処理)とプレミアグレード(高品質、ハイポリッシュ・ステンレス処理)に分類される。

作品ジャンル使用者備考
イノセンス項目参照
エイリアン・ネイション映画マシュー・サイクススコープ装着
強殖装甲ガイバー漫画村上 征樹904-31
6インチ
ザ・ヒットマン!項目参照
ハートブルー項目参照

このページの画像はフリーダムアームズ社から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 銃身長の表示、分数が機種依存文字だったりしませんか?あと、見出しに(インチ)があるのでインチ記号はいらない気がしますが、どうでしょ。 -- 2012-11-20 (火) 23:56:15
  • MACでも見れてるので、大丈夫じゃないでしょうか。 -- 2012-11-21 (水) 00:04:38
  • あと、インチ記号いれておくと、オンマウスでcm換算の数字が表記されて便利です。Googleの機能ですけど…。 -- 2012-11-21 (水) 00:26:38
お名前:


*1 M83 フィールドグレードのバリエーション。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-18 (火) 17:04:05 (33d)