コルト M1877 / Colt M1877 【回転式拳銃】

コルト サンダラー
モデル全長重量口径装弾数製造国
レインメイカー / Rainmakermmg.32 Colt6アメリカ
ライトニング / Lightningmmg.38 LC(Long Colt)
サンダラー / Thunderermm720g.41 LC

 1877年に開発されたコルト社初のダブルアクション回転式拳銃
 同社のウィリアム・メイソンによる設計で、.32コルト、.38ロングコルト、.41ロングコルトの各口径のシリーズが製造され、それぞれ「レインメイカー」「ライトニング」「サンダラー」という異なるニックネームで呼ばれていた。

 M1877は、黎明期のダブルアクションリボルバーであり、技術的に未成熟だったトリガー構造は複雑かつ繊細であった。故障しがちなうえ、複雑な設計で修理は難しく、職工の手を長時間に渡って煩わせることから『ガンスミスのお気に入り』と皮肉られたほどであった。一般的なリボルバーと違い、シリンダーノッチがシリンダーの側面ではなく後部にあるため、カートリッジのリムが邪魔をしてシリンダーストップがうまく掛からないといった問題もあった。
 しかし、『最悪のダブルアクション』とも評されたトリガーも、シングルアクションでの動作に限れば問題はなく、ベストセラーのシングルアクションアーミーの小型版といった扱いから、登場から1909年までの約30年でおよそ17万挺が生産・販売された*1

 ジョン・ウェズリー・ハーディンやビリー・ザ・キッドを始め、名の知れた無法者たちが携えていたことでも知られる。

登場作品ジャンル使用者備考
女神転生項目参照
ヤングガン2映画ビリー・ザ・キッド
宵闇眩燈草紙漫画ビリー・ザ・キッド
パット・ギャレット
ムーチー・マディガン
長谷川 虎蔵
麻倉 美津里
林 潤花
サンダラーと呼ばれているがライトニングのコピーモデル
4連装中折れ式.41口径バーズヘッド
ヒヒイロカネ(オリハルコン)製シリンダー
増薬弾は硫化水銀弾頭、炸薬はニトロ匂がきつい
ジョン・タンストールが2丁製作

このページの画像はHorst Held Antique Handguns社から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。



議題がページテーマと異なってきた場合や雑談等は掲示板をご利用ください。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • アウトロー御用達っていう感覚だったんですかね -- 2016-05-15 (日) 07:37:15
  • 女神転生では葛葉ライドウがコルトライトニングをサブウェポンとして使っていますね -- 2016-09-05 (月) 07:40:38
  • コルトライトニング、というハイカラな名前の武器をライドウが使うのは格好いい。でも、銃の説明をみるともっとマシな武器はなかったのか・・・超国家機関の支給品でしょ? -- 2017-05-16 (火) 10:20:59
お名前:


*1 ダブルアクションが改善された改良型のM1878も51,000挺ほど生産された。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-17 (水) 03:16:20 (67d)