ショートリコイル

  • 「ブローニングがショートリコイルを発明した」というくだりを修正。正しくはショートリコイルによるロックを開放するティルトバレル機構のほうですね。 -- dan? 2006-12-20 (水) 23:10:07
  • さらに小補足。M2のロッキングも、確かブロック式ですよ、ね?(意外に資料が無くて、確認が・・・) -- MA-08S? 2006-12-21 (木) 19:24:08
  • 拳銃の場合、弾丸が銃口から放たれるまでの間にスライドとバレルのロックが解除されないのは、バレルには弾丸の影響により前進する力が加わっている、ためでしょうか -- 2013-03-22 (金) 09:18:38
  • ↑ロッキングブロックを採用している例になりますが、撃発と同時にボルト、ロッキングブロック、バレルが一体となって後退(後退する力が加わる)しますが、ある一定位置になるとロッキングブロックに後退「以外」の動き(例えば下に動く)ができるようになって、その結果としてロックが解除されます。 -- 2017-06-19 (月) 13:15:48


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-27 (月) 22:58:34 (2370d)