MOA(ミニッツ・オブ・アングル) / Minutes of angle

 角度を表す単位で、1周360度とした時の60分の1度のことである。計算上では100mの距離で約2.9cmとなるが、ヤード・ポンド法のアメリカではメートル表記が嫌われ、100ヤード(91.4m)で1インチ(2.54cm)という風に簡略化されている。

 銃器の性能指標として使われる場合、集弾性能(グループ、またはグルーピングとも)のことを表している。例えば、とある銃の集弾性能として「1 MOA」と書かれていた場合、100m先のターゲットなら直径約2.9cmの円内に、命中弾がまとまるという意味である。ただし、どうした条件で計測されたか定かでない数値であれば、あくまで参考程度(悪く言えば眉に唾つけて)と考えておくのが良い。

 光学照準機器に何MOAという表記がある場合、ダットサイトの場合は、表示されるドットのサイズのことを表している。例えば「2 MOA」とされている場合、距離100mで約5.8cm、100ヤードで2インチのサイズとなるため、ここから逆算して、ターゲットまでの距離を概算することができる。 
 ピカティニーレールに対して何MOAという表記がある場合、これはレールの傾きを表す。MOA表記のあるピカティニーレールは前方に向かって下に傾くよう*1作られており、これによって照準と着弾点を一致させる。一般には20MOAのレールが多く、これは照準を覗いた場合に100ヤード(91.4m)先で20インチ(50.8cm)上に着弾することを意味する。*2


コメントはありません。 コメント/MOA?

お名前:


*1 つまり装着した照準器をまっすぐ覗いた場合に銃身が上に向くよう
*2 これは上面に取り付けたレールの場合であり、左側面に付けたレールであれば左に、右側面であれば右に着弾位置が補正される。レーザーサイトなどを側面に装着する場合はこの補正を考慮することになる。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:05:06 (591d)