AFPB(オートマチック ファイアリングピン ブロック) / Automatic firing pin block

 トリガーが引かれていない状態でのファイアリング・ピン(撃針)の前進を常時ブロックし、暴発しないようにするセイフティ。日本では略してAFPBとも呼ばれるが、海外では商品説明など以外では単にFiring pin safety、Firing pin block(FPB)、Firing pin stop(per)等と呼ばれる。
 その名の通り、ファイリング・ピンとカートリッジの間にトリガーを引き切った時のみ後退するブロックを差し込み、ファイアリング・ピンが何らかの理由(主に落下衝撃)で意図せず解放された場合に暴発することを防ぐ。

 拳銃ではコルト社が保持していたパテントが切れ、最近の自動拳銃のほとんどに内蔵されているセイフティであるが、1911系のオートではトリガープルに影響を与える為不評で、改善策としてグリップセイフティと連動させるものもある。



スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 掲示板より転載(解説用に少々文節を替えさせて頂きました)。 -- KOU2? 2005-11-10 (木) 10:15:48
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:07:00 (591d)