ドラムマガジン / Drum Magazine

 フルオートタイプの銃器などで多くに用いられる、円筒型の多弾数マガジンの総称。ソ連のDP機関銃やイギリスのルイスで採用された、平べったい円盤型のものはパン(平鍋)マガジンと呼ばれ、内部の銃弾の配置が大きく異なる。
 ベルトリンクで束ねた弾薬を収めたタイプはただの丸い入れ物だが、手動で巻くゼンマイの力で弾薬を送り出すものや、Beta社のCマグ(画像参照)のように弾薬を込めていけば自動でゼンマイも巻き上げられる便利なタイプもある。
 ただし、動力内蔵型は構造が複雑なため、故障や給弾不良を起こしやすい上、大量生産に向かないという欠点もあり、Cマグを除けば現在ではあまり使われていない。

Cマグ
 

 また、形状そのものも、箱型マガジンと比べれば大量の弾丸をスムーズに送り込むのに適してはいるものの、大きくかさばって運搬や保持に支障があるため、軽便さが売りの拳銃短機関銃などにはほとんど用いられなくなった。

 代表的なものはフィンランドのスオミ M1931、アメリカのトンプソン M1921,M1928、ソ連のPPSh41、ドイツのルガー P08ベルグマン MP18?(スネイルマガジン)など。
 近年の製品では、シンガポールのウルティマックス100が、60連と100連のドラムマガジンを採用している。最近の潮流からは逆行しているが、このマガジンは「使い捨て」前提として軽量化されているのが特徴で、ウルティマックス自体の軽量化にも一役買っている。

 

このページの画像はBeta社から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 中壊れたら修理めんどくさそう.... -- 2012-11-14 (水) 18:33:22
  • 弾を込めるのは大変そうですね。STANAGでも満タンにするのはきついと聞きましたから手で込めるには相当な力が要りそうです。 -- 2013-03-15 (金) 22:46:44
  • Cマグ装填用のスピードローダーがあるみたいなのでそのようなものを使うのではないでしょうか。 -- Stoner? 2013-03-15 (金) 23:28:21
  • Cマグが普及する以前のM16/AR15用の有名なドラムマガジンのメーカーはどこのものだったでしょうか? -- _? 2015-06-09 (火) 05:25:43
  • 広範な知名度がある製品という意味ではCマグが初めてですね。それ以前にはAK47/RPK用のものを5.56x45mmにコンバートした仕様のものが幾つか存在していましたが、ほぼオーダーメイドでカスタムされていたもので大量生産されるような製品ではありませんでした。 -- 2015-06-09 (火) 09:07:32
  • 何せAR15というと30連マガジンが採用されたのが1969年のことで、ドラムマガジンも含めAK関連製品の輸入が開始されたのは1970〜80年代の事です。Cマグが開発されたのは1980年代前半の事ですから当時の民間製品としてはかなり先進的だったと思われます。 -- 2015-06-09 (火) 09:10:45
  • 横から質問失礼します。>Cマグが普及 ということは、(西側のアサルトライフル用の)通常の形式のドラムマガジンの新規製造・販売はもうなされていなのでしょうか? -- 2015-09-17 (木) 19:25:37
  • ↑ マイナーだけど普通にあるよ。 -- 2015-09-18 (金) 19:46:19
  • こんなドラムマガジン専門なメーカーもありますよ→ttp://www.xproducts.com/magazines-and-products -- 2015-09-19 (土) 01:41:21
  • パンマガジンの記述が誤っていたので修正。確かにルイスは弾が並んだだけの箱だけど、DPやブレンのパンマガジンはゼンマイ駆動なのやな。 -- 2018-09-04 (火) 00:17:35
お名前:

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS