GIAT FR-F2 【小銃(狙撃銃)】

FRF2
全長重量口径装弾数製造国
1200mm5100g7.62mmx5110フランス

 フランスのGIAT社製ボルトアクション狙撃銃FR-F1の改良型。第二次大戦中、同国軍の主力歩兵銃だったMAS-36の末裔である。FR-F2とは「Fusil à Répétition modèle F2(ボルトアクションライフルF2型)」の略で、1984年から配備が開始され、現在に至る。

 FR-F1からの主な改良点は、口径をフランス軍独自規格だった7.5mm×54弾から、NATO規格の7.62mm×51弾へ変更。銃身をフリーフローティングとし、ポリマー製のサーマルジャケットで大半を覆ったことである。
 口径の変更はNATO加盟によるもので、他加盟国との共同作戦での兵站上の必要性から。サーマルジャケットの追加は、太陽による熱での銃身の歪み防止による精度維持と、焼けた銃身から生じる陽炎を抑え、照準のさいに視界が遮られるのを防ぐのが目的である。

 本銃は、フランス陸軍や海兵隊、GIGN(フランス国家憲兵隊介入部隊)等でも採用されている。

登場作品ジャンル使用者備考
Alliance of Valiant Arms項目参照
ゴルゴ13項目参照
スペシャルフォース項目参照

このページの画像はWikimedia Commonsから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 今時木製ストックとか…流石おフランスの銃。 -- 2013-09-06 (金) 09:14:34
  • サーマルジャケットって砂漠地帯とかそういう熱に対応できるようなものですか? -- 2013-10-21 (月) 00:18:24
  • バレルが熱せられると陽炎がでて照準しにくくなるから、それの対策。バレル自体は砂漠とか関係なく、撃てば熱くなる。 -- 2013-10-21 (月) 00:56:12
  • SAOのアニメでシノンのが使ってた。ヘカート兇料阿これ、って設定みたい。チョイスがシブイね。 -- 2014-07-13 (日) 11:08:45
  • ↑作者はフランス製が好きなのかね〜 -- 2014-07-13 (日) 12:26:21
  • ↑作家でアニメの銃器監修をしている時雨沢恵一さんの趣味みたいですよ -- 2014-07-13 (日) 14:45:06
  • エリア88の8話で敵のスナイパーが使っていたのがこれっぽい。 -- 2014-07-24 (木) 20:48:43
  • ↑2004年に放映されたテレビアニメ版の8話です。 -- 2014-07-24 (木) 20:50:16
  • アプリ「HIDE AND FIRE」でオリジナルとカスタムモデルが登場 -- 2017-05-07 (日) 17:47:16
  • 英語版のwikiではリトアニアとか他の国でも採用されてると書かれてました。実際に過去に採用されていたのか実験運用していたのか… -- 2017-07-02 (日) 21:19:38
お名前:

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS