5.56mm x45弾

 現NATO制式ライフル弾薬である5.56mm×45 NATO弾は、ベルギーのFN社が開発したSS109を、NATO標準とした弾薬である。

 これは、1957年に開発された.223レミントン弾を米軍が制式化したM193の後継弾薬で、サイズはいずれも5.56mm×45である。
 以前に5.56mm×45 NATO弾として採用されていた.223レミントン弾だが、実測では0.222インチとなっている。これは、.223レミントン弾開発のベースとなった.222レミントン弾の改良版であることを消費者に伝えるためと、類似口径の弾薬との誤認を防ぐためのものである*1
 .223レミントン弾は、弾薬質量は3.56グラムで、銃口初速は約975m/sだった。しかし、ケブラー材を使った軽く硬質なボディアーマーや頑丈なヘルメットが開発されると、今度はそれを貫くことができる弾薬が開発された。これが、ベルギーのFN社が開発したSS109で、米軍ではM855の名で制式採用された*2
 SS109は鉛の弾芯を少し重くしてスチールチップを組み込み、人体への破壊力を増強させたものである。人体へ侵入すると回転するため血管や神経を切り刻み、多大なダメージを与える。
 また、SS109は、M193とは逆に貫通抵抗が増すため、盲管銃創(貫通しないで体内で弾丸が残る)となって、前線での傷の手当てを困難にさせる。

 SS109ことM855は、訓練用の弱装弾などと区別しやすいよう、先端がグリーンに着色されており、グリーンチップとも呼ばれている。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 未だに違いがイマイチ分かりませんね、例えですけどM16A1は5.56NATO弾の使用は推奨されない(不可?)でA2の場合は撃てると? -- 2015-09-14 (月) 13:29:16
  • 1985年に採用されたFNC用の5.56mmがNATOで制式採用されたのがSS109 通称ら5.56mmNATO弾 中は中空 元々のM16A1やガAR-18やリル初級型やFAMAS のG2以外でで使われてるのが223レミントン弾 通称旧5.56 旧5.56m弾を肉厚SS109対応型に使っても問題はないが逆はライフリングの刻みの問題で弾道が安定しなくなるし銃にとって負担が大きくなってて危険 -- 2015-09-14 (月) 20:03:40
  • ガリル初期型 ⬇M16A2が発表されたのは1984年だったか1986年だったかの筈 注釈2 -- 2015-09-14 (月) 20:06:10
  • 現NATO弾は、民間でも販売しているんですかね? よく5.56mmNATOとかグリーンチップの名で、大手企業が販売していたりしますが…… -- 2015-09-14 (月) 23:57:16
  • 最初から民間向けに製造してる物と、軍での保管期限切れ(使用期限とは別)の放出品の2種類が販売されています。 -- 2015-09-15 (火) 00:13:08
  • M855A1に統一されたのは、MK318とかだと使える銃が限られるから? -- 2016-09-03 (土) 06:30:17
  • 弾丸の説明ページは地味にありがたい。 -- 2016-09-03 (土) 09:37:13
  • ほとんどは口径のページに飛ばされるしね -- 2016-10-13 (木) 15:28:51
  • 表記が5.56×45mmではないのは何故? -- 2020-03-02 (月) 18:31:07
  • 単にここのサイトは昔はその表記が多かったためですね。比較的マイナーですが間違いというものでもなく、現在でもH&Kなどのメーカでも使用されています。 -- 2020-03-02 (月) 19:06:13
お名前:

*1 このNATO制式ライフル弾と同口径で、ライフルにも拳銃にも使用される弾薬に.22LRという弾薬があるが、こちらはストレート形状の薬莢の長さが15mmしかなく、発射薬の質も量も違うため、飛距離も貫通力もストッピング・パワーも低く、比較の対象にすらならない。
*2 1989年に発表されたM16A2はこのM855(SS109)に合わせて設計されたライフルである。

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS