自動小銃(Automatic Rifle)

 ライフル弾を使用する銃のうち、弾丸発射時のガス圧などを利用して次弾を自動的に装填する機構をもった物の総称。
 小銃に替わる歩兵銃として、第二次大戦前後から実戦投入され始め1940年代から1950年代の歩兵主力火器となった。欠点として従来の小銃弾の装薬量では一発ごとの反動が大きいため、連続発射では制御が非常に困難である。この問題を解決するため、小型の弾薬を用いて連続発射でも反動を制御可能にした突撃銃が1950〜60年代頃から主流となってゆく。

 M14G3FALなどが代表格。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • M14やG3等は「バトルライフル」と最近言われてるので、AR等とは区別した方が自分的には分かり易いのですが如何でしょう? -- 2013-02-26 (火) 18:46:57
  • M27とそれとは全く関係ないと思いますが・・・ -- 2013-02-26 (火) 19:03:35
  • 一番好きな小銃は203ミリです -- 命を、? 2018-06-22 (金) 16:41:45
  • M16にはフォアグリップ&拡張マガジン&アイアンサイト&グレポン -- 命を、? 2018-06-22 (金) 16:43:45
  • 203mm=20.3cmとかもはや巡洋艦の主砲並なんですがそれは……それにグリップとランチャーをどうやったら同時に付けられるんですかね……?(マジレス) -- 2018-06-23 (土) 15:08:31
  • 「命を、」氏がそういう趣旨でコメしてるかは知らんが、M16に着けられるM203グレランには専用フォアグリップがあるんですよね……。 ttp://www.m203grip.com/M203grip-specs.htm -- 2018-06-23 (土) 15:36:04
  • 「広義には」ってなんだ。広義狭義関係なく、自動小銃の中に突撃銃は含まれるだろ。突撃銃は自動的に自動小銃であるのだから、現行のサイトの書き方はおかしいんじゃないか? -- 2018-07-31 (火) 14:34:48
  • 自動小銃が携行銃器のメインだった頃の歩兵は予備マガジンを何本程度、携帯していたのでしょうか? 西側の一般的な歩兵の場合でお願いします。 -- 2020-01-16 (木) 04:39:42
  • 7本ほどの弾倉をベルトのポーチや上着のポケットに分割していたようです。それ以外の予備弾は、バンダリアと言うバッグにクリップで纏められた状態で携帯されました。 -- 2020-01-16 (木) 08:34:00
  • 遅くなりましたがありがとうございました。どこで聞いたのかは忘れましたが陸自の64式が第一線だった頃、有事の際は予備マガジンを6本程度携帯すると聞いたことがあるのですが諸外国(世界的に)は何本携帯するのか分からなかったので、それが多いのか少ないのか適切なのか分からなかったのです。これで特に携行本数は問題ないと理解できました。 -- 2020-01-19 (日) 15:26:29
お名前:

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS