イジェマッシ ビゾン

bizon.jpg
全長(伸長時)425(660)mm重量2.47kg口径9mmx18総弾数66発射形式S/F製造国ロシア

 ロシアのイジェマッシ社が1993年に軍・法的機関向けとして開発した短機関銃。
 パーツの大半はAK74Sの物と共用化されているため整備性が高く、ストックは折り畳み可能なので携帯性も高い。 そして最大の特徴である銃前部に取り付けられたヘリカル(螺旋状)マガジンは、9mmx18マカロフ弾を66発装填可能と大容量。 減音器も装着可能であり、ロシアの特殊部隊向け短機関銃として注目されている。
 なお本銃はイジェマッシ社のビクトル・カラシニコフ技師とアレクセイ・ドラグノフ技師の共同開発だが、 ビクトル・カラシニコフ技師はAK47の開発者ミカエル・カラシニコフの息子。 そしてアレクセイ・ドラグノフ技師はドラグノフの開発者であるエヴィジェニー・F・ドラグノフの息子である

 
登場作品ジャンル使用者備考
オペレーション フラッシュポイントゲームドミトリ・ラスキン
サイホンフィルターゲームガブリエル・ローガン

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • まぁ逆に一度でもジャムったら残りの弾は全部無駄になり再装填の遅い銃だけが残る訳だが。法執行機関が発砲を必要とするような状況では100%が求められる。だからこういったリカバリの効かない大容量マガジンは使われんのさ。そもそもフルオート銃器を持って出動する段階で犯罪者相手に数で負けているなんて法執行機関としては有り得ない話だからな。 -- 2016-11-08 (火) 08:43:32
  • バイオハザード7に登場 -- 2017-01-27 (金) 14:39:32
  • S&Tって東京マルイと違ってこういう趣味丸出しの変な銃モデルアップしてくれるから大好きだわ -- 2017-05-15 (月) 15:13:02
  • サムネ画像のやつは初期のPP-19?なんですか? -- 2017-05-15 (月) 17:37:10
  • そうですね。2以降はリアサイトはAK74Uタイプから通常のAK74風タンジェントサイトになり、フラッシュハイダーも若干伸びてサプレッサーが装着可能になっています。 -- 2017-05-15 (月) 19:11:56
  • ↑解説ありがとうございます! -- 2017-05-15 (月) 21:14:02
  • このビゾンはAKS74を元に一からサブマシンガン化したAKの派生バージョンって認識でいいんですか? -- 2018-01-09 (火) 19:42:46
  • まぁそうなりますかね。
    動作機構は大分違いますがパーツや操作系はかなりの部分同一になっていますから。 -- 2018-01-09 (火) 20:51:58
  • 他のページにもコメントがありますが、開発者の一人であるビクトル・カラシニコフ氏が先月末にお亡くなりになりました。ご冥福をお祈りいたします。 -- 2018-04-08 (日) 21:28:36
  • ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインに出てきたときはちょっと意外だった -- 2018-05-15 (火) 21:31:07
お名前:

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS