シグ P210

p210.jpg
全長198mm重量750g口径9mmx19総弾数8+1製造国スイス

 1940年代、スイス軍は旧式化した軍用拳銃M06/29の後継として、国内のシグ社に後継銃の開発を依頼した。この要請を受けシグ社は、フランスMASのM1935(ブラウニングHP?)などを参考に長年の研究と改良を続け1949年に完成度の高い8連発の自動拳銃P49を作り上げた。P210は、P49の民間モデルである。
 P210はバレル、フレーム共にスイスの精密機械技術の高さを証明するに充分な工作精度を誇り、命中精度も当時の拳銃ではズバ抜けた性能を持っていた。しかし、工作精度の高さ故に生産には手間がかかり、それだけに値段も非常に高価(約1500ドル)になってしまったため売り上げはいまいち伸び悩んだ。この反省からシグ社は後に機械技術を導入して工程の効率化を図ったモデル(P220?)を開発する。

 また、売り上げとは別にP210は高精度拳銃の教科書とされ、チェコのCz75を始め、様々な国で新しい拳銃を作る上での参考にされた

 
登場作品ジャンル使用者備考
MADLAXアニメマドラックス二丁拳銃
ガンスミス キャッツ漫画ラリー ビンセント
ガンスリンガー ガール?項目参照
機動警察パトレイバー項目参照
砂ぼうず項目参照

このページの文章および画像はSWISS ARMS社から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 重量が750gとなっており、明らかに間違っていたので修正。SigSauer公式サイトには37.4オンスと書かれているので1000gとしておきます。 -- 2012-05-23 (水) 03:16:17
  • 何故か885gになってますが、床井雅美さんの本によると未装填で985gとのことなのでそちらを適用しておきます。 -- 2012-05-23 (水) 18:54:55
  • スイス軍の公式サイト(ttp://www.lba.admin.ch/internet/lba/de/home/themen/pers0/bewaffnung/pist49.html)で、未装てんで885g、フルロードで970gとあります。床井氏のものは誤植ではないでしょうか。 -- 2012-05-23 (水) 19:33:46
  • imfdbというサイト(ttp://www.imfdb.org/wiki/SIG_P210)には910グラム(2ポンド)とあります。 -- Stoner? 2012-05-23 (水) 19:38:14
  • 『週刊ストーリーランド』で強盗が使用。 -- 謎の老婆? 2014-11-02 (日) 09:02:26
  • こんな糞高い銃が、たかが強盗目的に使われるなんて奇妙なもんですね -- 2014-11-02 (日) 17:19:03
  • ベガスのショットショー2017でP210TARGETとロングスライドモデルのSuper TAEGETが出ていたそうです -- 2017-03-20 (月) 20:31:51
  • デンマーク軍がP210の後継のトライアルを始めた模様。
    TFBの『Danish Army Begins Pistol Trials to Replace SIG P210』という記事より。 -- 2017-11-16 (木) 13:40:50
  • 『週刊ストーリーランド』で強盗が使用。ひかる地図 -- 2017-11-22 (水) 07:23:53
  • 本当かよと思ったが確かにセイフティがない以外はそれっぽい。
    案外マニアックなの出てるんだね。 -- 2017-11-22 (水) 07:48:27
お名前:

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS