HASAG パンツァーファウスト

#ref(): File not found: "nowprint.jpg" at page "HAS パンツァーファウスト"

PzF.30全長1045mm重量5.22kg口径150mm総弾数1製造国ドイツ
PzF.60全長1045mm重量6.8kg口径150mm総弾数1製造国ドイツ
PzF.100全長1045mm重量6.8kg口径150mm総弾数1製造国ドイツ
PzF.150全長1051mm重量7.0kg口径150mm総弾数1製造国ドイツ

 パンツァーシュレック?とほぼ同時期に開発された、使い捨て型の対戦車ロケット射出器。
 パンツァーシュレックの数不足を補うべく極力簡単な構造で作られており、部品は成型炸薬騨である弾頭と、弾頭を射出させる火薬を詰めた発射筒の2つで構成されている。実戦ではこれを小脇ないし肩に担ぎ、発射筒にある発射ボタンを押し、離すと発射筒内の火薬に点火し弾頭を発射する。射程距離30mながら、命中すれば連合軍戦車の殆どを撃破できる装甲貫通力を持っているため、対戦車火器の慢性的な不足にあえぐドイツ軍の切り札として1943年頃から順次、部隊に配備された。
 弱点であった射程の短さも改良が施され、1944年の夏に登場した「パンツァーファウスト60」、同年秋の「パンツァーファウスト100」、そして最終生産型の「パンツァーファウスト150」(名前の後の数字がそのまま射程m)と次第に射程は延び、連合軍の戦車兵にとって恐怖の対象となった。
 終戦までの総生産数は約670万基。

 戦後ソ連は、捕獲したパンツァーファウスト150を参考に自国向けコピーとして「RPG2」を開発し、後に改良を施し「RPG7」を作り上げた。一方、西ドイツもパンツァーファウストとパンツァーシュレックの構造を融合させた対戦車ロケット兵器「パンツァーファウスト3」を開発し、日本ではライセンス生産版を陸上自衛隊が配備している。

 
登場作品ジャンル使用者備考
ワイルド7アニメヘボピー
世界
八百
チャーシュー
オヤブン
1巻「野生の7人」
MCプロビル攻撃に使用
ラブひな漫画浦島はるか10巻で瀬田に対しての反抗、浦島景太郎攻撃用に使用

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • クールラント1944に登場する将校は"ハンス"ではなく"ハルス"・クリンベルクですよ -- 2009-12-08 (火) 03:55:21
  • ヅタとかドム・ドローベンなど使ってるシュツルムファウストはこれがモデルだよな -- \(^0^)/? 2012-06-25 (月) 20:32:56
  • バトルフィールド1942のFHSWというMODにファウストパトローネというのも登場するのですがどういう違いなのでしょうか? -- 2013-08-26 (月) 17:52:51
  • ファウストパトローネは、パンツァーファウストの最初期のモデルの別名。弾頭の形などがちがう。 -- 2013-08-28 (水) 01:41:40
  • FURYでもWaffen-SSの待ち伏せ攻撃でM4シャーマンを屠ってたよ -- 2014-12-03 (水) 13:52:34
  • FURYで作中にちらっと先のとがったファウストが見えた気がしたんだが、パンツァーファウスト150でいいのかな? -- 2014-12-07 (日) 23:09:50
  • あまり配備されていないと聞いたけど、FURYってそんなにも末期なの? -- 2014-12-07 (日) 23:57:30
  • かなり今更な回答ですけど、FURYの舞台の時期が1945年の4月で、150が配備されたのが同じ年の1月ですから、まあ一応あってもおかしくはないですね。 -- 2017-08-28 (月) 23:20:16
お名前:

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS