ドラムマガジン

 銃器に装填するマガジンをドラム型に改造し、飛躍的に装弾数を増加させたもので、形がドラムに似ているためこの名がつけられた。
 イタリアのスオミ機関銃が始めて採用し、その後PPSh41?トンプソン M1928?などに引き継がれ、現在のようになっている。また、現在のドラムマガジンには、主にCマグという通常型のドラムマガジン(HK G36などで使われている)と、スイマグというHK MP5?コルトM4A1などで使われているドラムを二つ組み合わせたようなものとがある。構造は、始めマガジンに弾薬を込め、マガジン前方のゼンマイを巻けば、ゼンマイがドンドン弾薬を送り出してくれる、というものだ。
 ※例外はスイマグで、スイマグの場合弾薬を込めていけば自動でゼンマイも巻き上げられるので、
ゼンマイを巻く必要は無い(というかゼンマイ自体ついていない)。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • Cマグ装填用のスピードローダーがあるみたいなのでそのようなものを使うのではないでしょうか。 -- Stoner? 2013-03-15 (金) 23:28:21
  • Cマグが普及する以前のM16/AR15用の有名なドラムマガジンのメーカーはどこのものだったでしょうか? -- _? 2015-06-09 (火) 05:25:43
  • 広範な知名度がある製品という意味ではCマグが初めてですね。それ以前にはAK47/RPK用のものを5.56x45mmにコンバートした仕様のものが幾つか存在していましたが、ほぼオーダーメイドでカスタムされていたもので大量生産されるような製品ではありませんでした。 -- 2015-06-09 (火) 09:07:32
  • 何せAR15というと30連マガジンが採用されたのが1969年のことで、ドラムマガジンも含めAK関連製品の輸入が開始されたのは1970〜80年代の事です。Cマグが開発されたのは1980年代前半の事ですから当時の民間製品としてはかなり先進的だったと思われます。 -- 2015-06-09 (火) 09:10:45
  • 横から質問失礼します。>Cマグが普及 ということは、(西側のアサルトライフル用の)通常の形式のドラムマガジンの新規製造・販売はもうなされていなのでしょうか? -- 2015-09-17 (木) 19:25:37
  • ↑ マイナーだけど普通にあるよ。 -- 2015-09-18 (金) 19:46:19
  • こんなドラムマガジン専門なメーカーもありますよ→ttp://www.xproducts.com/magazines-and-products -- 2015-09-19 (土) 01:41:21
  • パンマガジンの記述が誤っていたので修正。確かにルイスは弾が並んだだけの箱だけど、DPやブレンのパンマガジンはゼンマイ駆動なのやな。 -- 2018-09-04 (火) 00:17:35
  • 現代の軍隊における採用例(QBB-95)を追加。一般部隊の銃にドラムマガジンを今も配備してる国、他にもありますかね。RPK-16も入れるか迷いましたが配備状況が未だ途上のようなので見送りましたが。 -- 2019-12-05 (木) 03:00:02
  • まぁそもそも戦前は広く使用されていたことや最初のドラムマガジンなど、経緯的な解説が大分抜けてますからその辺も含めてその内追記という感じですかねぇ。 -- 2019-12-05 (木) 13:18:44
お名前:

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS