*ZID(V.A.デグチャレフ設計局) KORD / ЗИД Корд 【重機関銃】
#ref(kord_big.jpg,center,nolink,318x212,Kord)
|全長|重量(銃本体)|口径|装弾数|発射速度|製造国|h
|1625mm|25.5kg|[[12.7mm×108>口径]]|(ベルトリンク給弾)|650〜750発/分|ロシア|

 1991年、ソ連が崩壊し、ロシア連邦として再編された際、[[NSV重機関銃>USSR NSV]]の生産拠点であったカザフがカザフスタンとして独立。そのためにNSV本体や保守部品などが供給できず、運用が維持できなくなってしまう。
 そこで、ロシア連邦がデグチャレフ設計局に依頼し製造されたのがこの''Kord''(''K''ovrovsky ''OR''uzheiky ''D''egtyarevty;Ковровские ОРужейники Дегтярёвцы)[[重機関銃]]である。

 操作方法や外観はNSVと似ているが、内部機構は大幅に変更され、また[[マズルブレーキ>コンペンセイター]]を備えているのも特徴。このため、反動はNSVより大幅に軽減され、射手がスリングに吊るして腰だめで立射できるほど軽減されている。
 歩兵用の6P58や6P60などは通常、銃架に据えての運用となるが、同クラスの[[ブローニング M2>重機関銃/ブローニング M2]]と違いピストルグリップと[[スケルトンストック>ストック]]、[[バイポッド]]を備えた6P57(上掲写真)をそのまま銃架に据えているため、銃架から外しても二脚を用いて運用することが可能となっている。
 車載用モデルは電気式トリガーで、ケーブルを車両側に設けたトリガーに接続すること発砲できる仕組みになっている。これはNSVと同様の仕様である。

 1998年からロシア軍で制式採用され、NSV重機関銃と交代が進んでいる。

***各種バリエーション
|GRAUコード|用途|特徴|重量|h
|~6P49|車載用|6U37電気式トリガーを使用|25.5kg|
|~6P49MT|車載用|6U37電気式トリガーを使用。T-90MのRWS用モデル。発射速度が600-650発/分に落とされている|25.5kg|
|~6P49T|ヘリコプター用|6U37電気式トリガーを使用。ヘリコプターのパイロン固定機銃用モデル|−|
|~6P49V|ヘリコプター用|6U37電気式トリガーを使用。ヘリコプターのドアガン用モデル|−|
|~6P50|歩兵用|機械式トリガーを使用|25.5kg|
|~6P51|同軸機銃用|6U37電気式トリガーを使用|−|
|~6P51|車載用|6U37電気式トリガーを使用。戦車などの同軸機銃として用いる為に6P49の給弾方向を右から左に変更したモデル|25.5kg|
|~6P57(6P50-1)|歩兵用|6P50に6T19(ピストルグリップと[[スケルトンストック>ストック]]、[[バイポッド]]を備えたマウントユニット)を取り付けたモデル。上掲写真のモデル|32.5kg|
|~6P58(6P50-2)|舟艇・陣地用|6P57を6U16銃架に据えたモデル。二脚を取り外している場合も有る|60kg|
|~6P59(6P50-3)|舟艇・陣地用|6P58の6U16銃架に支柱を取り付けたモデル。二脚を取り外している場合も有る|80kg|
|~6P60|歩兵用|6P57を6T20三脚に据えたモデル|50.5kg|

#br

|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|[[MAG]]|−|−|項目参照|
|[[アームド・アサルト]]|−|−|項目参照|
|ストームゲート|映画|ゴルシュコフ&br;ロシア軍兵士|−|
|謎の沈没船を追え!|小説|ロシア軍兵士|−|
|[[バトルフィールド 3]]|−|−|項目参照|
|[[バトルフィールド 4]]|−|−|項目参照|
|[[バトルフィールド バッドカンパニー]]|−|−|項目参照|
|[[バトルフィールド バッドカンパニー2]]|−|−|項目参照|

#hr
CENTER:このページの画像は[[V.A.Degtyarev Plant>http://www.zid.ru/en/]]から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
----
#pcomment

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS