#author("2018-11-29T00:39:17+09:00","default:user","user")
#author("2019-12-06T23:17:11+09:00","default:user","user")
*UK PIAT 【対戦車榴弾発射器】[#l68de230]
#ref(piat.gif,center,nolink,PIAT)
|全長|重量|口径|装弾数|製造国|h
|990mm|本体:14.4kg&br;弾頭:1.35kg|76mm|1|イギリス|

 イギリスが1941年より開発開始した[[対戦車火器>対物火器]]。PIATは「Projector,Infantry,Anti Tank:《英》歩兵用対戦車投射器」の略。
 発射筒と弾頭で構成されており、発射筒内の強力なバネと補助用の推進火薬の力で弾頭を発射させる仕組み。そのため、同時代の[[バズーカ>US M1A1 バズーカ]]や[[パンツァーファウスト>HAS パンツァーファウスト]]と比べて後方への噴射炎(バックブラスト)が無いため、射手の位置が悟られにくく、屋内などでも運用できたのが強み。
 命中すれば成形炸薬が点火し、前方に対して約100mmの装甲板を貫通する指向性爆発を発生させる。射程は水平射撃で100m、曲射で350m。

 しかし初弾を発射させるバネを縮めるには200ポンド(約90.7kg)の圧力が必要と、成人男性でも非常に困難な作業であった。かつ次弾以降は、初弾発射時の反動でバネが自動的に縮まる設計だったが、実際に縮んだケースは2割程度と信頼性に乏しく、結局、発砲のたびに人力でバネを(戦場のど真ん中で)縮める作業が必要であったりと、運用は極めて難有りだった。また構造上、砲弾が固定されないため、投射器を下方に向けると滑り落ちてしまうことから、射点よりも低位置の目標を直接狙うことは不可能だった。

 しかし初弾を発射させるバネを縮めるには200ポンド(約90.7kg)の圧力が必要と、成人男性でも非常に困難な作業であった。かつ次弾以降は、初弾発射時の反動でバネが自動的に縮まる設計だったが、実際に縮んだケースは2割程度と信頼性に乏しく、結局、発砲のたびに人力でバネを(戦場のど真ん中で)縮める作業が必要であったりと、運用は極めて難有りだった。また構造上、砲弾が固定されないため、投射器を下方に向けると滑り落ちてしまうことから、使用は水平ないし仰角射撃に限られた。
 1943年のシシリー島上陸を初陣にノルマンディ上陸作戦、カーン攻防戦、アーンエム橋保持など、第2次大戦中におけるイギリス軍の貴重な対戦車火器として使われたが、1950年代にアメリカ製の[[M20スーパーバズーカ>US M20]]が後継に採用されると、早々に姿を消した。
 イギリス国外では、戦争末期の1944年のワルシャワ蜂起の際、若干の期間、ポーランド軍で装備され、戦後もイスラエルのハガナー((後のイスラエル国防軍の基礎となったユダヤ人軍事組織。))等に使用された。

|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|[[Battlefield V]]|−|−|項目参照|
|[[史上最大の作戦]]|−|−|項目参照|
|[[ストライクウィッチーズ]]|−|−|項目参照|
|遠すぎた橋|映画|イギリス第一空挺師団兵|−|
|ドリームバスター|漫画|シェン|−|
|[[メダル オブ オナー アライドアサルト リロード2nd>メダル オブ オナー]]|−|−|項目参照|
#hr
CENTER:このページの画像は[[ENDOの部屋>http://avro504.web.fc2.com/]]から転載しています。
CENTER:転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
----
#pcomment

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS