#author("2019-03-26T12:42:02+09:00","default:user","user")
#author("2019-08-10T11:01:51+09:00","default:user","user")
*.338 ノルママグナム弾 / .338 Norma Magnum [#ldfaf4fd]

 .338ノルママグナム弾は、長距離のスポーツシューティング用として開発された弾薬である。

 .338ノルママグナム弾は、アメリカ在住のシューターであるジミー・スローンがシエラ社の300grBTHPマッチキング弾を最適に射撃する為に.416Rigbyを元に開発した。その後、スウェーデンのノルマ社にパテントが売却され現在に至る。

 2012年、ジェネラル・ダイナミクス社は[[M240機関銃>FN MAG]]と[[M2重機関銃>重機関銃/ブローニング M2]]の射程距離の差を埋める為に、.338ノルママグナム弾を使用するLWMMG(Light Weight Medium Machine Gun)を開発した。[[.338ラプアマグナム弾>.338 ラプアマグナム弾]]ではなく.338ノルママグナム弾が選ばれたのは、弾薬の大きさと1発当たりの重量が.338ラプアマグナム弾より小さく、ベルトリンクを使用する為テーパーの少ない薬莢が望まれたからである。
 2012年、ジェネラル・ダイナミクス社は[[M240機関銃>FN MAG]]と[[M2重機関銃>重機関銃/ブローニング M2]]の射程距離の差を埋める為に、.338ノルママグナム弾を使用するLWMMG(Light Weight Medium Machine Gun)を開発した。
 2018年には[[シグザウエル>シグ]]社からも.338ノルママグナム弾を用いる新機関銃が発表されている。

 2017年、US SOCOMの先進狙撃銃「ASR(Advanced Sniper Rifle)」の使用弾薬の一つに.338ノルママグナム弾が指定された。2019年には、ASRとして[[バレット・ファイアアームズ>バレット・ファイアアームズ・マニュファクチュアリング]]の[[MRAD>小銃/バレット M98B]]が採用された。

 バリエーションとして、小口径版である.300ノルママグナム弾がある。この弾薬も前述のASRの使用弾薬に指定されている。

|弾丸直径|薬莢全長|リム形状|重量|銃口初速|初活力|有効射程|代表的な銃|h
|8.58mm|63.6mm|リムレス|19.4g(300gr)|2660 ft/s|4714 ft-lbs|1600m|[[バレット MRAD>小銃/バレット M98B]]&br;[[レミントン MSR>小銃/レミントン MSR]]|

#hr
CENTER:※データは [[ノルマ社 公式サイト>https://www.norma-ammunition.com/en]] および [[英語版Wikipedia>https://en.wikipedia.org/wiki/.338_Norma_Magnum]] からのもので、あくまで一例です。&br;弾薬の種類や製造元、発射する銃によって数値は異なります。
#hr
----
#pcomment

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS