#author("2022-05-16T20:58:28+09:00","default:user","user")
#author("2022-05-19T17:39:17+09:00","default:user","user")
*QBZ-03(03式自動歩槍) 【突撃銃】 [#r78b49ff]
#ref(qbz03.jpg,center,nolink,QBZ-03)
|全長(銃床折畳時)|銃身長|重量|口径|装弾数|連射速度|発射形式|製造国|h
|950mm(725mm)|440mm|3.5kg|[[5.8mm×42>口径]]|30|650発/分|S/3/F|中国|

 QBZ-03(03式自動歩槍)は[[建設工業集団有限責任公司>中国南方工業集団公司]]が2003年に開発した、中国人民開放軍における現行の[[突撃銃]]である。

 1987年、中国で[[81式自動歩槍>突撃銃/PRC 81式自動歩槍]]などに代わる次期制式小銃として独自開発の[[5.8mm×42弾>口径]]を使用するライフルの開発が始まった((5.8mm×42弾に繋がる小口径高速弾の開発自体は1971年から始まっていた。))。当初は[[ブルパップ式>ブルパップ]]、従来式で2種の小銃が開発されていたが、1993年以降はブルパップ式小銃の開発を促進するため、従来型の方は一時開発が中断される。この後、ブルパップ式小銃は1995年に中国軍において[[95式自動歩槍>PRC QBZ-95]]として制式採用され配備が開始された。
 しかし、ブルパップ独特の操作性に起因する装備転換の困難さ、複雑な構造による整備の煩雑化、1丁辺りのコストが高い、材料技術の未熟さゆえの耐久性不足など多くの問題点が指摘され、結局95式自動歩槍は一部の熟練部隊向け装備として配備に留めることが決定、一般部隊向けには中断されていた従来型小銃の開発が再開されることになった。
 こうして1997年、姉貴分の尻拭いをする形でかつて開発中断された従来型は95A式として開発再開。95式からのフィードバックを加えながら開発は継続され、6年後の2003年に「03式5.8毫米自動歩槍」として中国軍に採用されることになった。
 だが、03式自動歩槍の開発に用いられた95式からのフィードバックは95式の改修型である95G式の開発にも用いられ、こちらは2010年に[[95-1式自動歩槍>PRC QBZ-95]]として完成。さらには95-1式を特殊部隊に限らず一般部隊への配備もされることとなってしまい、03式は配備こそ継続されたものの主力小銃となることは出来なかった。
 2019年にはより新しい191式自動歩槍がお披露目されており、将来的にはこの191式により03式は95式共々更新される模様である。

 使用する弾薬はDBP87または改良型のDBP10通常弾や[[曳光弾]]、弾倉は30発入りで95式と共用可能である他、輸出用の[[5.56mm NATO>5.56mm x45弾]]仕様も存在する。
 81式自動歩槍等からの装備転換を容易にするため、本銃の全体的な形状や操作性はそれに準拠している。作動は81式と同じくショートストロークピストンの[[ガス圧利用式>ガスオペレーション]]で、ロテイティングボルトロッキングを採用、フロントサイトベースには2ポジションのガスレギュレーターが備えられている。ただし81式や95式と違い[[ボルトキャッチ>スライドストップ]]機構は備えられていない。
 81式自動歩槍等からの装備転換を容易にするため、本銃の全体的な形状や操作性はそれに準拠している。作動は81式と同じくショートストロークピストンの[[ガス圧利用式>ガスオペレーション]]で、ロテイティングボルトロッキングを採用、フロントサイトベースには2ポジションのガスレギュレーターが備えられている。
 レシーバーを始めとして殆どの部品は[[プレス加工]]で製作されている。グリップや[[ハンドガード]]、[[ストック>銃床]]は樹脂製。右側面にストックを折りたたむことができ、左側面のグリップ直上にはセレクターが備えられている。フラッシュハイダーは漏斗型ではあるが外径が22mmに収まっており、[[ライフルグレネード]]を使用可能となっている。[[オープンサイト]]のリアサイトはフリップアップ調整式で、[[スコープ]]を装着するための[[レール>マウントレール]]も備えられている((各国軍で普及しつつある[[ピカティニーレール]]ではなく中国独自規格のレール))。

 2010年頃には、QBZ-03を元に20mm[[エアバーストグレネードランチャー>擲弾発射器]]を装備した、中国版[[XM29>HK XM29]]とでも言うべき「QTS-11(11式単兵総合作戦系統)」なる兵器システムを開発している事が公表され、陸軍や海軍陸戦隊などで試験運用が行なわれていた。
 他国の非常に大型で複雑なOICWモデルと比べると、ベースとなるライフルに先進的な光学機器と20mmのシングルショットランチャーを追加したのみで非常に軽量・小型となっており、空虚重量は5kg程度。コスト面でも大幅に安く、大量配備可能な「現実的な」モデルであると言える。

|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|[[HOME FRONT]]|−|−|項目参照|
|[[Insurgency: Sandstorm]]|−|−|項目参照|
|[[Operation Flashpoint: Red River>オペレーション・フラッシュポイント]]|−|−|項目参照|
|[[アーミー オブ ツー: The 40th Day>アーミー オブ ツー]]|−|−|項目参照|
|[[ルパン三世]]|−|−|項目参照|
#hr
CENTER:このページの画像は[[Wikimedia Commons>https://commons.wikimedia.org/wiki/File:QBZ03_automatic_rifle_20170902.jpg]]から転載しています。
CENTER:転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
----
#pcomment

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS