#author("2020-11-23T18:15:08+09:00","default:user","user")
#author("2022-04-06T18:56:27+09:00","default:user","user")
*ボフォース Ak5 / Bofors Automatkarbin 5 【突撃銃】 [#w3fadf06]
#ref(Ak5C.jpg,center,nolink,85%,Ak5C)
|モデル|全長(銃床折畳時)|銃身長|重量|口径|装弾数|連射速度|発射形式|生産国|h
|~Ak 5|1,010mm(750mm)|450mm|3.9kg(4.5kg)|[[5.56mm×45>5.56mm x45弾]]|30+1|650〜700発/分|S/F|スウェーデン|
|~Ak 5B|1,010mm(750mm)|450mm|4.8kg(5.4kg)|~|~|~|~|~|
|~Ak 5C|852mm(667mm)|350mm|4.0kg(4.5kg)|~|~|~|~|~|
|~Ak 5D|815mm(555mm)|250mm|3.3kg(3.8kg)|~|~|~|~|~|

 Ak5はベルギーの[[FN>ファブリク ナショナル]]社製[[FNC>FN FNC]]を元に開発された、スウェーデン軍制式[[突撃銃]]である。FFV-カールグスタフ社に引き続いて、現在はサーブ・ボフォース・ダイナミクス社が供給している。

 スウェーデン軍では1963年よりAk4([[G3>HK G3]]のライセンス生産モデル)が使用されていたが、70年代後半以降の世界的な軍用銃の小口径化に際して7.62mmNATO弾仕様のAk4は時代遅れになりつつあったため、[[5.56mm×45弾>5.56mm x45弾]]仕様の後継ライフルの選定が行われた((全更新を目的としたわけではないので、Ak5採用後も改良型のAk4Bが郷土防衛隊に装備されている))。1970年代半ばから開始されたトライアルでは[[M16A1>コルト AR15]]、[[ガリル>IMI ガリル]]、[[HK33>HK HK33]]、[[SG540>シグ SG540]]などがテストされたが、-30°Cにも達する北欧の環境への適正を勘案された結果、1984年、最終的にFNCが採用された。
 スウェーデン軍では1963年よりAk4([[G3>HK G3]]のライセンス生産モデル)が使用されていたが、70年代後半以降の世界的な軍用銃の小口径化に際して[[7.62mm×51弾]]仕様のAk4は時代遅れになりつつあったため、[[5.56mm×45弾>5.56mm x45弾]]仕様の後継ライフルの選定が行われた((全更新を目的としたわけではないので、Ak5採用後も改良型のAk4Bが郷土防衛隊に装備されている))。1970年代半ばから開始されたトライアルでは[[M16A1>コルト AR15]]、[[ガリル>IMI ガリル]]、[[HK33>HK HK33]]、[[SG540>シグ SG540]]などがテストされたが、-30°Cにも達する北欧の環境への適正を勘案された結果、1984年、最終的にFNCが採用された。
 1986年には、スウェーデン軍制式ライフル"Ak(Automatkarbin;突撃銃の意) 5"として配備が始まり、極寒冷地向けの改装((具体的には・アイアンサイトの変更 ・ボルトの改良 ・3点[[バースト]]機能の廃止 ・大型[[トリガーガード]]、[[ハンドガード]]、[[コッキング]]ハンドルへの換装 ・耐食性の緑色塗装 等々である。))を加えたモデルがFNで製造されて供給されたが、FNからのライセンスを得た当時のFFVが"CGA5C2"と呼ばれるプロトを経て、翌1987年から国内生産を開始した。

 Ak5の機関部は基本的にFNCと同様で、[[ライフルグレネード]]の発射機能も残っている。もっとも、スウェーデン軍では[[M203>コルト M203]]アンダーバレル[[グレネードランチャー>擲弾発射器]]を採用しているのでライフルグレネードは使用しない。
 [[マガジン]]はFNC同様、[[M16>コルト AR15A2]]互換であり、これと互換する[[ドラムマガジン]]を装備したAk5の姿も稀に見ることができる。スウェーデン特有の木製弾頭ブランクも用意されており、使用する際は銃口に硬質ラバー製のキャップを装着する。
 基本的に[[銃剣]]の着剣機能は無いものの、ストックホルム宮殿を警護する部隊に支給されているAk5にはAk4の着剣機能が装備されている。

 Ak5は用途や時代の変遷に対応して各種バリアントが製造されてきた。
 “Ak5B”は[[ストック>銃床]]にチークパッドを追加し、イギリス製[[SUSAT L9A1サイト(4×25.5)>スコープ]]を装備したモデルで、分隊長が携行する[[マークスマン>選抜射手]]ライフルである。
 “Ak5C”は短縮・近代化改修モデルで、AR系ライフルで言うところの[[M4>コルト M4]]のようなポジションになる。変更点としては、ハンドガードの強化と[[ピカティニーレール]]の追加、銃身の短縮化と新型[[フラッシュハイダー]]の装備、伸縮調整可能な折畳式ストックへの変更、セレクターの[[アンビ]]化、ボルトキャッチの追加、折畳式[[アイアンサイト>オープンサイト]]への変更、専用着剣装置の装備など。これに伴い、エイムポイント製の[[光学照準器>ダットサイト]]やナイロン製スリングの採用なども行われた。アフガニスタンやチャド、コソヴォなどに展開する前線部隊を優先して配備しており、将来的にはほとんどのAk5(B)を置換する予定のようだ。
 “Ak5D”はAk5Cをさらに短縮化した現在のAk5ファミリーで最も短いバリアントで、都市戦闘用途やレンジャー部隊用に開発された。スウェーデン警察向けに“CGA5P”というAk5Dの[[セミオート>セミオート]]オンリーモデルも生産されている。

|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|[[うぽって!!]]|−|−|項目参照|
|[[ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり]]|−|−|項目参照|
|[[コール オブ デューティ ブラックオプス コールド・ウォー]]|−|−|項目参照|
|[[ドールズフロントライン]]|−|−|項目参照|
|[[バトルフィールド 4]]|−|−|項目参照|
|[[メダル オブ オナー ウォーファイター]]|−|−|項目参照|
#hr
CENTER:このページの画像は[[ウィキメディア・コモンズ>http://commons.wikimedia.org/wiki/File:AK5Cesar.JPG?uselang=ja]]から転載しています。
CENTER:転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
----
#pcomment

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS