*バルメ Rk62 / Valmet Rk 62【突撃銃】
#author("2020-02-28T23:04:15+09:00","default:user","user")
*バルメ Rk62 / Valmet Rk 62【突撃銃】 [#r047dd02]
#ref(Rk76T.jpg,center,40%,Rk76T)
|モデル|全長(折畳時)|重量|口径|装弾数|連射速度|発射形式|製造国|h
|~Rk 62|950mm|4.3kg|[[7.62mm×39&br;5.56mm×45>口径]]|30|600〜750発/分|S/F|フィンランド|
|~Rk 76TP|950mm(710mm)|3.6kg|~|~|~|~|~|
|~Rk 95TP|935mm(675mm)|3.7kg|~|~|~|~|~|

 Rk62(Rynnäkkökivääri 62 「62年式[[突撃銃]]」の意)はフィンランド国防軍の制式歩兵銃で、バルメ社とサコー社が1994年まで製造していた突撃銃である。
 1962年に登場したこのRk62はソ連の[[AK-47>USSR AK47]]のクローンで、AK-47と同じ[[7.62mm×39弾>7.62mm x39弾]]を使用する。AKクローンの中でも非常に高精度で知られ、100ヤードで1インチ以下(1[[MOA]])の[[集弾>集弾率]]が可能であるという。

 銃口部に、着剣用のソケットが刻まれた三叉形状のフラッシュハイダーを装備しており、専用[[銃剣]]は[[AKM>USSR AKM]]と同じように鞘と組み合わせることで有刺鉄線を切断するワイヤーカッターとして機能する。内部構造はほぼAKと同様だが、外観上はパイプ状の[[ストック]]や、プラスチック製の[[ハンドガード]]とグリップ、レシーバーカバー後部にセットされたリアサイトなどが大きな相違となっている。またアイアンサイトは、自然発光するトリチウムがインサートされたフリップアップ式のナイトサイトが装備され、夜間時には起ち上げて使用できる。
 銃口部に、着剣用のソケットが刻まれた三叉形状のフラッシュハイダーを装備しており、専用[[銃剣]]は[[AKM>USSR AKM]]と同じように鞘と組み合わせることで有刺鉄線を切断するワイヤーカッターとして機能する。内部構造はほぼAKと同様だが、外観上はパイプ状の[[ストック>銃床]]や、プラスチック製の[[ハンドガード]]とグリップ、レシーバーカバー後部にセットされたリアサイトなどが大きな相違となっている。またアイアンサイトは、自然発光するトリチウムがインサートされたフリップアップ式のナイトサイトが装備され、夜間時には起ち上げて使用できる。

 1976年にはレシーバーを[[削り出し>削り出し加工]]から[[プレス>プレス加工]]製にしたRk76が登場し、0.7kgの軽量化に成功した。輸出型のバルメ M76では[[5.56mm×45>5.56mm x45弾]]にコンバートした派生モデルも作られた。

***バリエーション
***バリエーション [#id2222c6]
|形式|備考|h
|~Rk 62|基本モデル|
|~Rk 62TP((TP(taittoperä)はフィンランド語でフォールディングストックの意味。))|Rk62をフォールディングストック化したもの|
|~Rk 76W|[[M16>コルト AR15]]のものに似た形状の木製ストックを装備|
|~Rk 76T|Rk62と同一のストックを装備したRk76。|
|~Rk 76TP|Rk62TPと同一のストックを装備したRk76。|
|~Rk 95TP|[[(項目参照)>突撃銃/サコー Rk95]]|
#hr
|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|[[うぽって!!]]|−|−|項目参照|
|[[シティーハンター]]|−|−|項目参照|
|[[戦争の犬たち]]|−|−|項目参照|
|[[ヨルムンガンド]]|−|−|項目参照|
|[[迷彩君]]|−|−|項目参照|
#hr
CENTER:このページの画像は[[ウィキメディアコモンズ>http://commons.wikimedia.org/wiki/File:RK_62_76.jpg?uselang=ja]]から転載しています。
CENTER:転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
----
#pcomment

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS