#author("2022-11-11T06:22:00+09:00","default:user","user")
#author("2024-02-04T10:25:38+09:00","default:user","user")
*ベレッタ M38 / Beretta Modello 1938 【短機関銃】 [#r7bd2605]
#ref(Beretta M38A.jpg,center,nolink,20%,ベレッタ M38A)
|モデル|全長|重量|口径|装弾数|連射速度|発射形式|製造国|h
|~M38&br;M38A|947mm|4.2kg|[[9mm×19>9mmパラベラム弾]]|10/20/30/40|600発/分|S/F|イタリア|
|~M38A42&br;M38A43|800mm|3.27Kg|[[9mm×19>9mmパラベラム弾]]|20/40|550発/分|~|~|
|~M38A44|800mm|3.27Kg|[[9mm×19>9mmパラベラム弾]]|20/40|800発/分|~|~|
|~M38/49|798mm|3.25Kg|[[9mm×19>9mmパラベラム弾]]|20/40|−|~|~|
|~M38/57|−|−|[[9mm×19>9mmパラベラム弾]]|20/40|−|~|~|

 第二次世界大戦前の1935年に、[[ベレッタ]]社のツオレ・マレンゴーニによって開発された[[短機関銃]]。「ベレッタ1938型自動式マスケット」を意味する"MAB 38(Moschetto Automatico Beretta Modello 1938)"の名でも知られる。俗称とされる「モスキート」とはいわゆる「蚊」のことではなく、イタリア語の"Moschetto;マスケット銃"のことであり、発音は英語の"Mosquito"に近似する。第一次世界大戦末期に作られた[[ベレッタ M1918>短機関銃/OVP M1915]]をベースとしており、ビラール・ペロサ機関銃の流れをくむ短機関銃である。なお、イタリア語でいうところの"マスケット(モスキート)"とは[[ライフリング]]の有無を区別しない言葉で、M38自体はライフリングバレルを有する。

 セレクターはなく、トリガーが2つあり、前方のトリガーを引くと[[セミ>セミオート]]、後方のトリガーを引くと[[フル>フルオート]]といった具合に使い分けることができた。作動機構は、当時のスタンダードであった[[オープンボルト]]発火と[[シンプル・ストレートブローバック>ブローバック]]の組み合わせが採用された。バレルにはバレルジャケットと[[コンペンセイター]]を備え[[銃剣]]も装着することもできた。また、[[切削加工>削り出し加工]]が多いベレッタ独特の上質仕上げで、ファイアリングピンもフローティング式、[[コッキングハンドル]]は射撃時にボルトと連動せず安全に扱うことが出来、コッキングスロットには自動スライド式のダストカバーが施されるなど、凝った設計だった。反動も小さく、動作信頼性の高い丈夫なつくりで、のちに簡素化の施された派生モデルもその丈夫さは継承され、戦時中も兵士の評判は高かった。
 
 戦間期の短機関銃市場に向けた製品だったこともあり、大量生産には向かず、需要もイタリアの植民地警察などに限られていたため1939年には生産を終えた。しかし、第二次世界大戦が開戦すると、1941年12月からイタリア軍の制式短機関銃として再生産された。これに伴い、陸軍の要求に基づいて作られたのが、着剣ラグの廃止といった小改良を施したM38Aである。
 1942年には、さらに重くかさばるバレルジャケットを排し、フルート加工などの軽量化と全長の短縮化を施したM38/42が登場した。M38AとM38/42はイタリア国内に駐留していたドイツ軍や[[武装親衛隊]]にも供与され、MP738(i)の名称で準制式化された。さらに翌年と翌々年には生産性を向上させたM38A43とM38A44が生産され、こちらはドイツ軍側でMP739(i)と呼称された。以降のモデルでは[[MP40>短機関銃/エルマベルケ MP40]]と同様な[[折畳ストック>銃床]]モデルも開発されている。

 戦後も生産は1961年まで継続され、その間も1949年にはレバー式の[[セイフティ>安全装置]]をクロスボルト式に変更し工作精度を向上させたM38/49が。1957年には射撃精度の向上を図ったM38/57が開発された。イタリアの軍や警察では1970年代に[[ベレッタ M12>短機関銃/ベレッタ M12]]や[[MP5>短機関銃/HK MP5]]に更新されるまで使用され続けた。

|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|[[ENLISTED]]|−|−|項目参照|
|[[MAFIA II>マフィア(ゲーム)#mafia2]]|−|−|項目参照|
|[[Sniper Elite 3>スナイパー エリート#se3]]|−|−|項目参照|
|[[ガールズ&パンツァー>ガールズ&パンツァー]]|−|−|項目参照|
|[[ガンスリンガー・ガール]]|−|−|項目参照|
|[[コール オブ デューティ2: ビッグ レッド ワン]]|−|−|項目参照|
|[[コール オブ デューティ ワールドウォーII]]|−|−|項目参照|
|[[コレリ大尉のマンドリン]]|−|−|項目参照|
|[[コンビニDMZ]]|−|−|項目参照|
|[[ストライクウィッチーズ]]|−|−|項目参照|
|[[スナイパー エリート]]|−|−|項目参照|
|[[ドールズフロントライン]]|−|−|項目参照|
|[[バトルフィールド V>Battlefield V]]|−|−|項目参照|
|[[速水螺旋人の馬車馬大作戦]]|−|−|項目参照|
|[[メダル オブ オナー アライドアサルト リロード2nd>メダル オブ オナー#dde2e72a]]|−|−|項目参照|
|[[ルパン三世]]|−|−|項目参照|
#hr
CENTER:このページの画像は[[ウィキメディアコモンズ>http://ja.wikipedia.org/wiki/ファイル:Beretta_M1938.jpg]]から転載しています。
CENTER:転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
----
#pcomment

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS