#author("2020-02-28T22:40:47+09:00","default:user","user")
#author("2021-09-03T12:45:05+09:00","default:user","user")
*スプリングフィールド M1865 / Springfield Model 1865 【小銃】 [#rc1d0da8]
#ref(Springfield_Model_1865.jpg,center,nolink,90%,スプリングフィールド M1865)
|モデル|全長|重量|口径|装弾数|製造国|h
|~M1865|?mm|?kg|.58-60-500|1|アメリカ|
|~M1866|1421mm|?kg|.50-70 Government|~|~|
|~M1868|1317mm|?kg|.50-70 450|~|~|
|~M1869|1239mm|?kg|.50 CF&br;.50-55-450|~|~|
|~M1870|1300mm|?kg|.50-70 Government|~|~|
|~M1873|1317mm|?kg|.45-70-405|~|~|
|~M1875|?mm|?kg|~|~|~|
|~M1877|?mm|?kg|~|~|~|
|~M1880|1317mm|?kg|~|~|~|
|~M1882|1100mm|?kg|~|~|~|
|~M1884|1317mm|?kg|~|~|~|
|~M1886|1000mm|?kg|~|~|~|
|~M1888|1317mm|?kg|~|~|~|

 M1865は、1865年にアースキン・S・アリンが設計した金属薬莢を使用する初期の後装[[銃>小銃]]の一つである。この銃は、前装式のマスケット銃に、ヒンジド・ブリーチブロック(hinged breechblock)というブリーチ(銃尾)閉鎖機構を組み込むことで、後装式にコンバートされている。コンバート作業では一から銃を作り上げる必要は無いので、コスト削減という利点がある。

 通常ブリーチは、ヒンジで固定されたブリーチブロック(ファイアリングピン内蔵)で閉鎖されている。この部品を跳ね上げてブリーチを開放する様子から、''“トラップドア(trapdoor:跳ね上げ戸)”''とも呼ばれる。発射後、ブリーチブロックを跳ね上げると、ブリーチ側に内蔵されたエキストラクターがせり出し、空薬莢を排出する。製造は[[スプリングフィールド造兵廠>スプリングフィールド]]で行われた。

 最初期モデルのM1865は、南北戦争で使用された約5000挺のM1861マスケット銃を、後装式へコンバートするかたちで完成した。その後も改良が加えられ、インディアン戦争、米西戦争、米比戦争などで[[アメリカ陸軍]]が使用した。
 バリエーションの一つであるM1873[[カービン>騎兵銃]]は、1876年の『リトルビッグホーンの戦い』でカスター中佐率いる第七騎兵連隊が使用したことで知られる。しかし、使用していた銅製の薬莢は破裂し易く、[[排莢不良>ジャム]]が頻発した。こうなると、ナイフなど先端が尖った道具を用いないと、薬室から破損薬莢を取り出すことはできない。対するインディアン側は、射程・威力で劣るものの連発式の[[ヘンリー銃>小銃/ヘンリー M1860]]を使用していた。この排莢不良は、カスター隊が全滅した原因の一つとされており、後に薬莢は真鍮製へ変更された。

***各種バリエーション [#qdb2102d]
|モデル|特徴|h
|~M1865|最初期モデル。M1861マスケット銃をコンバート|
|~M1866|M1865の改良型。M1863マスケット銃をコンバート。[[アメリカ陸軍]]に限定的に支給された|
|~M1868|短銃身、バレルバンドの数が2つ。[[カービン>騎兵銃]]モデルも開発されたが、試作段階に留まった|
|~M1869|M1868の改良型。レシーバーとブリーチブロックはM1868の流用だが、[[ストック>銃床]]全体は新規設計|
|~M1870|M1868の改良型。レシーバー・リアサイト・ブリーチブロックなどが改良された。[[.50口径>口径]]の弾薬を使用する最後のモデル|
|~M1870|M1868の改良型。レシーバー・[[リアサイト>オープンサイト]]・ブリーチブロックなどが改良された。[[.50口径>口径]]の弾薬を使用する最後のモデル|
|~M1873|アメリカ陸軍に制式採用された初の後装銃。カービンモデルは減装弾(.45-55-405)を使用&br;初期の薬莢は銅製だったが、[[ジャム]]の原因となるため真鍮製に変更された|
|~M1875|M1873の陸軍士官用モデル。ブリーチ部が白色合金製&br;フォアエンドとグリップ部にチェッカー付き。グリップ上部に折り畳み式ピープサイト装着|
|~M1877|M1873の改良型。バットストック上部の形状を変更|
|~M1880|M1873の改良型。スライド式[[銃剣]](刃の形状はトライアングラー型)|
|~M1882|M1873のショートモデル。ライフルとカービンの中間サイズ|
|~M1884|長距離射撃に対応したリアサイト搭載。バレルバンドの形状を変更。カービンモデルもあり|
|~M1886|24インチバレルのカービンモデル&br;バットストック内に折り畳みクリーニングロッドと破損薬莢除去ツールを収納|
|~M1888|M1884の改良型。スライド式銃剣|
#br
|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|11人のカウボーイ|映画|スリム・ハニーカット|−|
|[[アパルーサの決闘]]|−|−|項目参照|
|[[ウォーキング・デッド]]|−|−|項目参照|
|[[ジョナ・ヘックス]]|−|−|項目参照|
|白い肌の異常な夜|映画|ジョン・マクバニー伍長|−|
|小さな巨人|映画|ジャック・クラブ|M1873 [[カービン>騎兵銃]]|
|~|~|騎兵隊|~|
|[[許されざる者(2013年)>許されざる者(1992年)]]|−|−|項目参照|
|[[レッド・デッド・リデンプション]]|−|−|項目参照|
#hr
CENTER:このページの画像は[[ウィキメディア・コモンズ>http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Springfield_Model_1865.jpg]]から転載しています。
CENTER:転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
----
#pcomment

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS