*マーゴリン ターゲットピストル / Margolin Target Pistol 【自動拳銃】
#ref(Margolin_1.jpg,center,60%,マーゴリン ターゲットピストル。後期型)
|全長|銃身長|重量|口径|装弾数|製造国|h
|245mm|140〜178mm (5.5〜7in)|910g|[[.22 LR>口径#AutoAmmo]]|5/10+1|ロシア|

 マーゴリンターゲットピストル(MTs-1)は、盲目のロシア人銃器デザイナーのミハイル・マーゴリンが1946年から1948年までに設計した、[[.22口径>口径]]の競技用[[ピストル>自動拳銃]]である。
 1948年からイジェフスク機械工場で製造が始まり、1954年にベネズエラのカラカスで開催された第36回ISSF世界射撃選手権において国外デビューを果たしている。

 当初は[[トカレフ>USSR トカレフ]]をロングバレルに改造したものをベースにしていたが、のちに専用銃として新規設計されている。オープントップスライドで銃身が大きく露出しており、銃身長はショートとロングの2種類がある。
 サイトは切り欠き式の[[オープンサイト]]で前後とも調節可能だが、フロントは初期には固定式だった。またリアサイトはスライドをまたぐようにフレーム側に固定されたブリッジ状の部品に載っているので、発砲時に動くことは無い。初期の木製グリップは、保持した手を押さえつけるような大きな張り出しを設けていたが、後期はプラスチック製となり、張り出しは廃された。オプションでグリップ底部にパームレストを装着できる。銃口には[[マズルブレーキ>コンペンセイター]]が装着可能。ダストカバーには、反動軽減用のバレルウェイトを装着するための[[アクセサリーレール>マウントレール]]が設けてある(バレルウェイト同士で連結も可能)。初期は[[マニュアルセイフティ>安全装置]]は無かったが、後期はトリガー後方にレバーが追加されている。

 MC-1、MCM、MCUなど、幾つかのバリエーションが存在する。銃身長を3.85インチに短縮し、固定式サイトに変更した「マーゴ」や、[[.25ACP弾]]を使用する「MP-449」も開発された。

|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|Igla|映画|ダイナ|[[コンペンセイター]]装着|
|Otryad osobogo naznacheniya|映画|ヴィクター・グラチョフ|ヴィクターは[[二挺拳銃]]|
|~|~|イワン・プロコペンコ|~|
|Syshchik|映画|イェフゲニー・クリック|射撃場で使用|
|~|~|ヴァシリ・ニキフォロヴィッチ|~|
|[[スター・ウォーズ]]|−|−|項目参照|
|電撃フリントGO!GO作戦|映画|マルコム・ロドニー|[[マズルブレーキ>コンペンセイター]]装着|
#hr
CENTER:このページの画像は[[ウィキメディア・コモンズ>https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Margolin_1.jpg]]から転載しています。
CENTER:転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
----
#pcomment



トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS