*ジェニングス J-22 / Jennings J-22 【自動拳銃】
#ref(Jennings_J-22_Left_Side.jpg,center,50%,ジェニングス J-22)
|モデル|全長|銃身長|重量|口径|装弾数|製造国|h
|~J-22|127mm|63.5mm|369g|[[.22 LR>口径#AutoAmmo]]|6+1|アメリカ|
|~J-25|127mm|63.5mm|369g|[[.25 ACP>口径#AutoAmmo]]|~|~|
|~JA-32|135mm|70.0mm|539g|[[.32 ACP>口径#AutoAmmo]]|~|~|
|~JA-380|135mm|70.0mm|539g|[[.380 ACP>口径#AutoAmmo]]|~|~|
|~J-22|127mm|63.5mm (2.5in)|369g|[[.22 LR>口径#AutoAmmo]]|6+1|アメリカ|
|~J-25|127mm|63.5mm (2.5in)|369g|[[.25 ACP>口径#AutoAmmo]]|~|~|
|~JA-32|135mm|70.0mm (2.75in)|539g|[[.32 ACP>口径#AutoAmmo]]|~|~|
|~JA-380|135mm|70.0mm (2.75in)|539g|[[.380 ACP>口径#AutoAmmo]]|~|~|

 J-22は、アメリカのジェニングス社が1980〜1990年代に製造していた、所謂[[サタデーナイトスペシャル]]と呼ばれるポケット[[ピストル>自動拳銃]]である。.22LR弾を使用する''「J-22」''と、[[.25ACP弾]]を使用する''「J-25」''が存在する。

 作動は[[シンプルブローバック>ブローバック]]で、[[ストライカー>ストライカー システム]]方式で撃発する。スライドとフレームは当初はアルミ合金製だったが、ブライコアームズ社以降(後述)は、安価・大量生産向きの亜鉛合金ダイカストで作られている。グリップ左側上部に[[マニュアルセイフティ>安全装置]](後期モデルでは形状が変更されている)、グリップ底部に[[マガジンリリースレバー>マガジンキャッチ]]を備える。

 同社は、ジョージ・ジェニングス([[P-25>自動拳銃/レイヴンアームズ P-25]]で知られるレイヴンアームズ社の設立者)の息子ブルース・ジェニングスによって1978年に設立された。後にブライコアームズ(Bryco Arms)に社名変更するが、同社製品による暴発で、幼い子供が重傷を負うという事故が起きる。この銃はJ-22では無かったのだが、各所から訴訟を受け、ATF(アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局)からも「非常に危険な銃」と勧告を受けるなど、世間からバッシングを浴びることになる。2003年に同社は倒産するが、翌年、同社の一切の権利を買い取ったポール・ヒメネスが、ヒメネスアームズ(Jimenez Arms)と改名し事業を再開。ジェニングス/ブライコアームズ時代の製品をJA-22やJA-25に改名したほか、[[.32ACP弾]]や[[.380ACP弾]]を使用する新モデルも製造・販売している。

|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|[[CSI:マイアミ]]|−|−|項目参照|
|キャッスル&br;ミステリー作家は事件がお好き|TVドラマ|ハヴィエル・エスポジート|シルバーモデル&br;カイルのアパートで見つける&br;シーズン1・第1話|
|デッド・リミット|映画|エリカ・ロング|シルバーモデル|
#hr
CENTER:このページの画像は[[ウィキメディア・コモンズ>https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Jennings_J-22,_Left_Side.jpg]]から転載しています。
CENTER:転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
----
#pcomment

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS