*FM Modèle1915 CSRG 【軽機関銃】
#author("2020-06-12T00:04:09+09:00","default:user","user")
*FM Modèle1915 CSRG 【軽機関銃】 [#m9f78473]
#ref(chauchat.jpg,center,nolink,25%,ショーシャ)
|モデル|全長|銃身長|重量|口径|装弾数|連射速度|発射形式|製造国|h
|~Mle1915|1,170mm|450mm|9.5kg|[[8mm×50 Lebel/7.92mm×57/7.65mm×53>口径#RifleAmmo]]|20|240発/分|S/F|フランス|
|~Mle1918|~|~|~|[[.30-06>口径#RifleAmmo]]|16|~|~|~|

 Fusil Mitrailleur(仏:自動小銃) Modèle1915はフランス軍のショーシャ大佐が中心となって開発した[[軽機関銃]]である。主設計者の名前を取り、「ショーシャ(Chauchat)」と呼称されることが多い。

 Mle1915は1903〜1910年に始まったフランス軍主導の自動火器開発計画の一環で、ルイ・ショーシャ大佐、シャルル・シュテール兵器工、当時兵器製造を行っていたグラディエータ社で総責任者をしていたポール・リベイロールらによって1907年に開発された。彼ら設計陣と開発会社の頭文字を取ったのが、正式名称にあるCSRG(ショーシャ・ステール・リベイロール・グラディエータ)である。量産は1915年からで、先述のグラディエータ社が担当した他に、1918年ごろからはSIDARMEも生産に携わった。1916年よりフランス軍制式装備になった後、ポーランド、ベルギーを始めとしてロシアやルーマニア、セルビア、ギリシア、イタリアなどへ輸出され、アメリカ欧州派遣軍にはMle1918として採用されたように、諸外国へも供給され、第一次世界大戦とその後しばらくの間の戦争に用いられた。フランス軍では1920年代から[[Mle1924/29>軽機関銃/MAC Mle1924/29]]に後継を託したが、第二次世界大戦にも限定的に投入された。プレス加工を採用するなど大量生産に向いた設計になっており、1922年の量産終了までの総生産数はおよそ262,000挺にのぼった。

 作動方式はガスによる補助付きの[[ロングリコイル>ショートリコイル]]で、[[オープンボルト]]である。設計に当たっては[[ジョン・M・ブローニング>ジョン・モーゼス・ブローニング]]の製作したレミントン・モデル8とそのパテントに影響を与えられている。筒型のレシーバー等はスチールの[[プレス加工]]で、ボルト等はスチール塊から製作されており、銃身は[[ルベルライフル>小銃/ルベル M1886]]のものを銃口側から切り詰めたものを使用した。[[アイアンサイト>オープンサイト]]は左側に寄せられている。マガジンは[[シングルカラム]]で半月状の大きなもので、右側面に大きな窓があけられていた。
 弾薬に関しては、フランス軍向けのものが8mm×50ルベル弾を使用し、ポーランド軍向けのものが7.92mm×57マウザー弾、ベルギー軍向けのものが7.65mm×53アルゼンチン(ベルジャン・マウザー)弾、アメリカ欧州派遣軍向けのMle1918が.30-06弾を使用した。

 この銃最大の特徴と言って差し支えないであろう点としては、問題が多発したという点があげられる。潤滑油切れに弱い性質や、マガジンの窓からの砂や泥の侵入などにより[[ジャム]]が頻発した、軽量さゆえか反動制御が難しかった、アイアンサイトが狙いにくかった、[[フルオート]]で連射するとすぐに過熱した…などなど、大小様々な問題が取り沙汰された。窓の開いてないマガジンを製作したり、泥や砂よけのカバーを用意するなど対策も少なからず行われたが、本格的に対策が始まったのは1917年以降だったため、一番の活躍場であった第一次大戦においては結局大きく改善されることは無かった。
 しかし多々問題こそあったが、第一次大戦当時は大多数の国では携行が容易なフルオート火器はほとんどなかったため、Mle1915系列はフランスはじめヨーロッパ諸邦で重用され第一次世界大戦のほかギリシャ=トルコ戦争、ポーランド=ソビエト戦争、[[冬戦争]]・[[継続戦争]]などで使用された。

|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|[[Battlefield V]]|−|−|項目参照|
|[[靴ずれ戦線]]|−|−|項目参照|
|[[鋼の錬金術師]]|−|−|項目参照|
|[[バトルフィールド 1]]|−|−|項目参照|
|ファイブ・デイズ・ウォー|映画|セペグリア|補充兵に「役に立たない」と説明する((直訳は「ゴミだから気にするな(It's a piece of garbage, don't worry about it.)」))|
|~|~|クロトシンスキー|−|
|[[ロング・エンゲージメント]]|−|−|項目参照|
#hr
CENTER:このページの画像は[[Wikimedia Commons>http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Chauchat_Memorial_de_Verdun.jpg]]から転載しています。
CENTER:転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
----
#pcomment

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS