#author("2021-02-16T02:04:17+09:00","default:user","user")
#author("2021-02-17T12:20:53+09:00","default:user","user")
*安全装置 / Safety [#vaca80cf]

 安全装置(セイフティ、セーフティ)とは、銃を誤って発砲することを防ぐ為の仕組みの事である。
 下記のように様々な方式がある。

''・マニュアルセイフティ''
 手動でオンオフを切り替える、スイッチ式の安全装置。自動的に作動する安全装置と区別するための語としても使われる。
 通常、[[ハンマー]]や[[ストライカー>ストライカー システム]]が[[コッキング]]された状態で機能するようになっており、トリガー機構をロックして[[暴発>スラムファイア]]を防止する。[[デコッキングレバー>デコッキング]]を兼用するものや、[[セミオート]]と[[フルオート]]を切り替えるセレクターを兼用するものもある。親指(サム)で操作するタイプは特に「''サムセイフティ''」と呼ばれる。「''クロスボルトセイフティ''」と呼ばれるタイプもあり、左右いずれかの出っ張った側を押すことでオンオフの切り替えを行う。
 通常、[[ハンマー]]や[[ストライカー>ストライカー システム]]が[[コッキング]]された状態で機能するようになっており、トリガー機構をロックして[[暴発>スラムファイア]]を防止する。[[デコッキングレバー>デコッキング]]を兼用するものや、[[セミオート]]と[[フルオート]]を切り替えるセレクターを兼用するものもある。親指(サム)で操作するタイプは特に「''サムセイフティ''」と呼ばれる。左右いずれからか押し込む操作でオンオフの切り替えを行う、クロスボルト式ボタンのタイプもある。
 銃の両側(=左右両方の手)から操作可能な「[[アンビセイフティ>アンビ]]」と呼ばれる安全装置は、基本的にこのマニュアルセイフティを指す。

//''サムセイフティ''
//自動拳銃においては[[M1911>コルト ガバメント]]や[[Cz75>CZE Cz75]]のように一般的にフレーム側の低い位置取り付けられているものを指す。[[ベレッタM92F>ベレッタ M92]]や[[ジェリコ941>IMI ジェリコ941]]のようにスライド側に取り付けられているものはサムセーフティと呼ばれない。

''・キーロックセイフティ''
 専用のキーを用いて解錠/施錠を行う、錠前式のマニュアルセイフティ。専用装置を分割することで、第三者が銃を持ち出して使用することを防止する。
 専用のキーを用いて解錠/施錠を行う、錠前式のマニュアルセイフティ。専用キーを別途保管、或いは所有者が身につけておくことで、保管した銃を第三者が持ち出して使用することを防止する。
 家族(特に子供)が持ち出して暴発させ、死傷する事故が少なくないことから考案された。

''・トリガーセイフティ''
 トリガーに細工を行い、正しく指をかけた時以外の加重ではトリガーが動かないようロックするもの。
 トリガーの中央に仕込まれたレバーを押し込みながらでないとトリガーが引けない[[グロック 17]]が代表格。
 トリガーを中央で2分割し、先端部から引かないとトリガーが引けない[[S&W M&P>SW MP]]のような形式も存在する。
 トリガーの中央に仕込まれたレバーを押し込みながらでないとトリガーが引けない[[グロック 17]]が代表格。トリガーを上下で2分割し、中折れ式とした[[S&W M&P>SW MP]]のような形式も存在する。

''・グリップセイフティ''
 グリップにプッシュボタンや稼動するストラップなどを設け、グリップを握ってこれらが押されない限り、トリガー機構をロックするもの。
 [[M1911>コルト ガバメント]]での採用が有名。

''・マガジンセイフティ''
 マガジンを抜いた状態では撃発が行われないよう、トリガー機構をロック、もしくは部品同士のリンクを解除する機構。
 代表的な銃としては[[FN ハイパワー]]が挙げられる。

''・ファイアリングピン・ブロック (AFPB。自動撃針前進防止装置)''
 →[[項目参照>AFPB]]

''・ハーフコック''
 後述のハンマーブロックを持たない拳銃の場合、薬室に弾が装填されながら[[ハンマーがレストされている>ハンマーレスト]]と、ファイアリングピンまたは雷管にハンマーが接触しているため、落下などによりハンマーに強い衝撃が加わった際に暴発を起こしてしまう。そこでハンマーを少しだけ起こした位置に留めることで、ハンマーがピンもしくは雷管に触れずにおくようにするのがハーフコック機能である。
 また、コッキングされたハンマーが、落下などの衝撃でトリガー操作なしに落ちた場合に、ピンまたは雷管に接触するまえにストップさせる機能でもある。ほとんどのハンマー撃発式の[[拳銃]]はこのハーフコック機能を備えている。
 しかし、ハンマーに衝撃が加わるという状況では、ハンマーをハーフコックに止める引っ掛かりが滑るか破損するリスクも高いため、暴発防止をハーフコックにのみ頼るのは危険である。

''・ハンマーブロック''
 ハンマーとファイアリングピンとの間を物理的にブロックするもの。[[リボルバー>回転式拳銃]]で使用される。トリガーを引く操作に連動してブロックが降りるようになっている。

''・トランスファーバー、セイフティコネクター''
 リボルバーで使用される安全機構で、ハンマーブロックとは対照的に、ハンマーが直接ファイアリングピンを叩かないよう間に空間を設けて、トリガーが操作されない限り、両者が絶対に接触しない構造。トリガーを引いたときにだけ、連動したバーがハンマーとファイアリングピンの間に入り、ハンマーの打撃力をピンに伝える。1997年ごろから製造された[[S&W>スミス アンド ウェッソン]]製[[リボルバー>回転式拳銃]]はこの発火方式に移行している((トランスファーバー採用以前に製造されたS&W製リボルバーは、ハンマーにファイアリングピンを内蔵していた。))。
----
#pcomment

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS