#author("2021-01-17T20:38:24+09:00","default:user","user")
#author("2022-03-24T16:35:31+09:00","default:user","user")
*ロシア帝国 PM1910 / ПМ1910【重機関銃】 [#kdf684ed]

#ref(PM1910Donetzk.jpg,center,40%,nolink,PM1910-30)

|モデル|全長|重量|口径|装弾数|発射速度|製造国|h
|~M1910|1067mm|20.3kg|[[7.62mm×54R>口径]]|250発ベルト給弾|600発/分|ロシア帝国&br;ソビエト連邦|
|~M1910/30|1067mm|20.3kg|[[7.62mm×54R>口径]]|250発ベルト給弾&br;1000発ベルト給弾|600発/分|ソビエト連邦|

 ロシア帝国で開発された水冷式[[重機関銃]]。PMはマキシム機関銃(Пулемёт Максима)の略。それまでロシア帝国軍に採用されていたマキシム機関銃のライセンス生産モデルPM1905の改良モデル。数多いマキシム機関銃クローンの中でも、車輪銃架や防弾盾、リブ付きジャケットなど、一際個性的なものとなっている。
 第一次世界大戦やロシア革命後の内戦などで、ロシア帝国軍やソビエト赤軍により運用された。ロシア内戦で赤軍が用いた、PM1910を後ろ向きに馬車へ搭載したものは「タチャンカ」と呼ばれ、その火力と機動力で猛威を振るった。

 1930年には水冷バレルジャケットに冷却用の水の代わりに手掴みで雪を投入出来る大型の給水口が備えられたPM1910/30が採用されている。しかしその当時、他国では[[ホッチキス M1914>重機関銃/ホッチキス M1914]]や[[ブローニング M1919>重機関銃/ブローニング M1917]]などの空冷式重機関銃が登場しており、重く嵩張る水冷式銃身のままであった本銃は、いささか時代遅れであった。
 この為[[ソビエト連邦>USSR]]でもPM1910を更新する空冷式重機関銃の開発が行なわれていたが、後継が完成する以前に[[大祖国戦争>独ソ戦]]が勃発したため、PM1910は引き続きソビエト赤軍の主力重機関銃となった。

 第二次世界大戦においてPM1910は、多くのメディアで描写されている督戦隊による運用が有名であるが、これら地上での戦いの他、対空機銃としても単装、連装、四連装の銃架と専用の1000発ベルトを装備したPM1910が、ジープやトラック、装甲列車など数多くの車両に搭載された。
 第二次大戦後にソビエト赤軍で余剰兵器となったPM1910は東側諸国などに供与され、冷戦における多くの戦争で使用された。近年でも2014年に勃発したウクライナでの内戦においてウクライナ側武装勢力により運用が確認されている。
 第二次大戦後にソビエト赤軍で余剰兵器となったPM1910は東側諸国などに供与され、冷戦における多くの戦争で使用された。近年でも2014年に勃発したウクライナ騒乱において、現役で運用されていることが確認されている。

 
|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|War Thunder|ゲーム|−|自走式対空砲 4M GAZ-AAAの搭載火器&br;四連装M4銃架|
|[[靴ずれ戦線]]|−|−|項目参照|
|[[スターリングラード(2001年)]]|−|−|項目参照|
|[[戦火の中へ]]|−|−|項目参照|
|ドクトル・ジバゴ|映画|パルチザン|−|
|[[ドニエプル攻防決戦1941]]|−|−|項目参照|
|[[速水螺旋人の馬車馬大作戦]]|−|−|項目参照|
|[[ファースト・スクワッド]]|−|−|項目参照|
|[[ブラザーフッド]]|−|−|項目参照|
|[[ベルリン陥落1945]]|−|−|項目参照|
|[[炎628]]|−|−|項目参照|
|[[ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火]]|−|−|項目参照|
|[[マイウェイ 12,000キロの真実]]|−|−|項目参照|
|[[宮崎駿の雑想ノート]]|−|−|項目参照|
----
#pcomment

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS