#author("2019-05-05T20:45:18+09:00","default:user","user")
#author("2019-05-05T21:05:11+09:00","default:user","user")
*プレス加工 / Press working [#scd65ad3]

 機械加工技術の発達により第一次大戦から銃や[[手榴弾]],[[地雷]]の製造に使われ始めた工作方法。英語では『Stamp working』とも言う。
 自動車部品の製造などでは一般的な手法で、文字通り、薄い金属板をプレス機の上下に装着した金型で挟み、圧力をかけて引き延ばしながら部品の形をくり抜いたり穴を開けたり折り曲げるなどして成型する。一体成型の物が作れるので工作が容易なうえ、必然的に部品数が少なくなるので生産効率が高く大量生産やメンテナンスも容易になる利点がある。中が中空になるため軽量化の面でも有利であり、また[[ポリマー>ポリマーフレーム]]素材ほど高度な技術や設備を必要としない。
 ただし、中空のため耐久性には劣り潰れやすいのが難点で、満足のいく性能を達成するにはそれなりの技術力を必要とする。例えば旧ソ連の[[AK47>USSR AK47]]の場合、当初は生産性を考慮してレシーバー(機関部)など主要な部品をプレス加工で製造していたが、強度不足など様々な問題があり、まもなく[[削り出し加工]]に変更している(その後技術的な問題を解決し、AKシリーズが再びプレス加工を取り入れるのは、次世代の[[AKM>USSR AKM]]以降のこととなる)。
 自動車部品の製造などでは一般的な手法で、文字通り、金属板をプレス機の上下に装着した金型で挟み、圧力をかけて成型する。せん断、曲げ、絞りといった三つの種類がある。生産効率が高く、均質な部品を短時間で成形できることから、大量生産が容易で、軽くて丈夫な部品の製造に向いている。
 ただし、鍛造成形された部品に比べて耐久性には劣り、軽量なまま高い強度を持たせるにはそれなりの技術力を必要とする。例えば旧ソ連の[[AK47>USSR AK47]]の場合、当初は生産性を考慮してレシーバー(機関部)など主要な部品をプレス加工で製造していたが、強度不足など様々な問題があり、まもなく[[削り出し加工]]に変更している(その後技術的な問題を解決し、AKシリーズが再びプレス加工を取り入れるのは、次世代の[[AKM>USSR AKM]]以降のこととなる)。
--------
#pcomment

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS