*ハンマー(撃鉄) / Hammer [#i4cb6ffb]
#author("2019-04-29T05:10:38+09:00","default:user","user")
*ハンマー(撃鉄) / hammer [#i4cb6ffb]
 撃発用部品の一つで、ファイヤリングピンもしくは弾薬の雷管を叩く為の部品。ハンマーがファイヤリングピンを叩き、ファイヤリングピンが雷管を突くことで撃発される。ハンマーがピンを備えている場合はハンマーが直接雷管を叩いて撃発する。[[拳銃]]はもちろん、[[M16>コルト AR15]]や[[AK>USSR AK47]]を始めとする現代歩兵銃の撃発部品としても一般的に使われている。一方、ハンマーを用いずにファイアリングピンが雷管を叩く撃発方式は[[ストライカー式>ストライカー システム]]と呼ばれる。

 かつての[[回転式拳銃]]はハンマーにファイヤリングピンを備えているのが普通であったが、[[コルト]]が1960年代末に自社のダブルアクションリボルバーに[[セイフティ・コネクター>安全装置]]を採用し、ファイヤリングピンをフレーム内に移して以降は、ライバルであった[[S&W>スミス アンド ウェッソン]]社製リボルバーとの違いの一つと認識されていた。しかし、90年代半ばにはほぼ同様の安全装置であるトランスファー・バーによる撃発方式に変えたことから、コルトと同様にハンマーからピンが無くなった。
 
 拳銃のハンマーには、それを起こすために親指をかける突起が付いているが、これは鳥類の蹴爪に似ているところから、スパーと呼ばれる。
 懐に携帯した拳銃を咄嗟に抜き撃ちする場合、スパーがなにかに引っかかることもあるので、これを切り落としたり、はじめから設けないケースもある。こうした状態のハンマーのことをスパーレスもしくはデホーンド・ハンマーといい、ドイツの[[P2000>HK P2000]]や[[P229>自動拳銃/P229]]といった自動拳銃の[[DAO(ダブルアクション・オンリー)>ダブルアクション]]バリアントは、あらかじめスパーレスとなっている。
 またS&W製DAOリボルバーの[[M40>回転式拳銃/SW M40]]のように、ハンマーをフレームに収納し、シュラウデッド・ハンマーとしたモデルもある。いっぽう、[[コルト]]社製リボルバーにはそうしたモデルはなく、スパーが邪魔だと思う人は自分で切り落とすか、ハンマーを覆ってしまう専用のパネルを取り付けるしかない。(→[[ハンマーレス]]も参照)

 

----
#pcomment

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS