#author("2021-03-07T02:25:06+09:00","default:user","user")
#author("2021-03-07T10:31:23+09:00","default:user","user")
*ダブルアクション / Double action [#fb1dc190]
 [[ハンマー]]が起きてなくても、引き金を引く力でハンマーが連動して起きる([[コック>コッキング]]される)機構のこと。一回のトリガー動作でハンマーがコッキングと発火(ファイアリング)、二つのアクションを行うところからこう呼ばれる。''DA''とも略される。

 薬室に弾が装填されていれば、ハンマーコックなどの余計な動作の必要なくサイトで狙ったまま連射できるため、[[リボルバー>回転式拳銃]]においては[[シングルアクション]]式の銃より使い勝手が良い。しかし、トリガーにハンマーを起こす力がかかる分、シングルアクションよりも引き金を引く距離(トリガーストローク)が長く、かつ[[トリガープル]]が重い。その分、不用意に引いて暴発させてしまうリスクは低くなるものの、[[ガク引き]]を起こしやすくなる。
 リボルバーでは、[[ライトニング>コルト M1877]]で[[コルト]]社がダブルアクション・リボルバーの先鞭をつけたが、その後は[[S&W>スミス アンド ウェッソン]]社が、スムースなトリガープルで評価高いダブルアクションを実現。コルト製リボルバー凋落の一因となった。

 [[自動拳銃]]のダブルアクションは、リボルバーと違い、初弾はダブルアクションだが、次弾からは自動的にハンマーがコックされてシングルアクションでの動作となる。[[ワルサー P38]]を皮切りにダブルアクションが普及していき、現在ではダブルアクションが自動拳銃の標準仕様となっている。従来、自動拳銃のダブルアクションは[[シングルアクション]]と併用可能なものだったが、後述のダブルアクションオンリーの機構が登場したことから、区別する意味でそれまでのダブルアクションを「''コンベンショナル・ダブルアクション(Conventional double action)((クラシックDA、トラディショナルDAと呼ぶこともある。))''」と呼ぶ場合もある(表記上は「DA/SA」などとされることが多い)。

 シングルアクションを廃し、ダブルアクションのみとした機構は、従来のダブルアクションと区別するため''ダブルアクションオンリー(DAO)''と呼ばれる。採用目的の一つは安全性の向上である。かつてダブルアクションを備えた自動拳銃の普及が始まった頃、ダブルアクション・リボルバーの重いトリガープルに慣れていた人々の間では暴発事故が少なからず発生した。この事態を重く見たアメリカでは、トリガープルの軽い(=暴発させやすい)シングルアクションを廃したダブルアクションオンリーの製品が登場し、初心者や公的機関の間で広まっている。リボルバーでも[[ハンマーレス]]とした際にDAOとすることがある。

 更に近年では、スライド操作のさい[[ストライカー>ストライカー システム]]を70%ほどコッキングしておくことでトリガープルを軽くした変則DAOの[[グロック>グロック 17]]シリーズが台頭し、以降の自動拳銃の設計に大きな影響を与えた。[[ワルサー P99QA>ワルサー P99]]、[[S&W M&P>SW MP]]など他社の自動拳銃に、同様のトリガーアクションを採り入れたモデルが登場する契機ともなった。
 更に近年では、スライド操作の際[[ストライカー>ストライカー システム]]を70%ほどコッキングしておくことでトリガープルを軽くした変則DAOの[[グロック>グロック 17]]シリーズが台頭し、以降の自動拳銃の設計に大きな影響を与えた。[[ワルサー P99QA>ワルサー P99]]、[[S&W M&P>SW MP]]など他社の自動拳銃に、同様のトリガーアクションを採り入れたモデルが登場する契機ともなった。
 ''プリコック''式とも呼ばれるこの機構は、シングルアクションに近いトリガープルと、ハンマー操作が不要かつ従来型DAOと同じく常に同じトリガープルというシンプルな操作系が特徴である。また万一、落下による故障などで、最悪、ストライカーが弾の雷管を叩いてしまった場合でも、フルコックされていないストライカーでは打撃力不足となるため、暴発のリスクを抑えることができる。しかし、コックor[[デコック>デコッキング]]の線引きがないため、露出ハンマーのように銃の状態を見た目で判別することができず、また、射手の不用意なトリガー操作に対しては無防備に近いという問題もある。

 ユニークなダブルアクション機構として大宇K5(輸出名:DP51、現S&T LH9ライオンハート)に採用されているトリプルアクション((トライアクション、ファストアクション、ダブルアクションプラスなどとも呼ばれる))がある。基本はコンベンショナルダブルアクションと同じ動作であるが、[[FN ハイパワー]]のSFSと同じようにコック状態からハンマーを押し戻すことが出来る。その後再度発砲する際はそのままトリガーを引けばよい。この時ハンマーはデコック位置にあるがハンマースプリングはコック状態のため、DAよりも軽いトリガープルで引くことが出来る。

----
#pcomment

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS