*オープンボルト / Open bolt
 銃器の発火方式の一種で、「オープンボルト・ファイア方式」、または「オープン・ブリーチ」とも呼ばれる。薬室が開放(open)状態から発火動作がスタートするところから、このように呼ばれる。

 発射の一連の流れとしては
1:[[コッキング]]により、ボルトを後退させる。ボルトはボルトストップまたはシアーによって固定される。
2:引き金を引くとシアーが開放され、スプリングの力によってボルトが前進、この際次弾を掴み薬室へ送り込む。
3:弾丸の薬室への装填と同時に、ボルトと一体の撃針(ファイアリングピン)が弾丸の雷管を打撃し、撃発(発射)する。((ただし、ボルトと撃針、またそれを打撃するハンマーが別部品である物も存在し、この場合ボルトのみが先に前進し装填・薬室を閉鎖後、ハンマーが撃針を叩いて激発、という、[[クローズドボルト]]に似た動作をする。また、ハンマーがなく、かわりに撃針が慣性で前進するタイプも存在する。))
4:燃焼ガスにより弾丸は銃口方向へ前進、またボルトは後退し、その際空薬莢が排出される。その後、1のボルトが固定された状態になり、以後2〜4を繰り返す(次弾が無い場合はボルトが前進状態で止まるので、マガジン装填後に1の手順に戻る)。

 [[ストレートブローバック>ブローバック]]作動と組み合わせた場合は、フローティング式のファイアリングピンが不要となることから、構造的にシンプルかつ安価で強い。またメンテナンスも容易であるため、[[突撃銃]]のような新しい個人用フルオートマチック火器が登場したのちも[[ウージー>短機関銃/IMI ウージー]]や[[ベレッタ M12>短機関銃/ベレッタ M12]]などのオープンボルト式の短機関銃が数多く開発された。ドイツの[[MP5>短機関銃/HK MP5]]登場以前の[[短機関銃]]では主流だった発火方式である。
 また、撃発の前後に薬室が開放され、射撃停止時に薬室内に弾を残さない構造から、[[フルオート]]射撃を主とする[[機関銃]]では、薬室内の熱で弾薬が自然発火してしまうコックオフ現象を防止する目的で、オープンボルト式を採用している。
 また、撃発の前後に薬室が開放され、射撃停止時に薬室内に弾を残さない構造から、[[フルオート]]射撃を主とする[[機関銃]]では、冷却のために銃身内のエアフローを確保しつつ薬室内の熱で弾薬が自然発火してしまうコックオフ現象を防止する目的で、オープンボルト式を採用している。

 しかし、単純な構造ゆえの問題も多い。
 まず、落下などの衝撃でボルトの固定が解除されて[[暴発する>スラムファイア]]危険性が高い。
 また構造上、弾丸が銃口から放たれる前にボルトの前進が始まるため、慣性によって銃がぶれてしまうため、命中精度はあまり期待できない。また、威力の高い弾丸の場合は逆にガス圧が上がりすぎて銃が壊れてしまうため、基本的には低威力の弾丸しか使用できない。
 そのため、連射可能でより高威力の弾丸を使用出来る突撃銃や、MP5のような高性能な[[クローズドボルト]]式の短機関銃が登場すると、オープンボルト式の短機関銃は軍・法執行機関でのシェアを大幅に縮小してしまっている((ただし、オープンボルトの強みを生かして現在も使用されている安価な短機関銃もある。また、紛争地帯でゲリラによって自作された手製の銃器などは、未だにオープンボルトのものが多い))。
 しかし、単純な構造ゆえのデメリットもある。
 まず、落下などの衝撃でボルトの固定が解除されて[[暴発する>スラムファイア]]危険性が高い。そして構造上、弾丸を発射するどころか撃発するよりも前にボルトの動作が始まることから、慣性によって銃がぶれてしまうため、とくに小型軽量な銃種では命中精度はあまり期待できない。
 そのため、連射可能でより高威力の弾丸を使用出来る突撃銃や、MP5のような高性能な[[クローズドボルト]]式の短機関銃が登場したことから、オープンボルト式の短機関銃は軍・法執行機関でのシェアを大幅に縮小し、「低性能だが安価な銃」というニッチへと居場所を移している。

----
#pcomment

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS