#author("2019-08-28T13:20:23+09:00","default:user","user")
*USSR AK74 / СССР АК-74 【突撃銃】[#b2b91261]

#ref(AKS 74.jpg,center,nolink,AKS74)
|モデル|全長(折畳時)|重量|口径|装弾数|連射速度|発射形式|製造国|h
|~AK74|930mm|3.3kg|[[5.45mm×39>口径#RifleAmmo]]|30|650発/分|S/F|ソビエト|
|~AKS74|933(694)mm|3.1kg|~|~|~|~|~|
|~AK74M|943(700)mm|3.4kg|[[5.45mm×39>口径#RifleAmmo]]|30|650発/分|S/F|ロシア|

 1960年代頃から、西側の主力歩兵銃がフルサイズの7.62mmから高速小口径の5.56mmに切り替わった事により、それに対抗するため[[ソビエト>USSR]]も[[AK47>USSR AK47]]や[[AKM>USSR AKM]]のフルサイズ短小弾から高速小口径弾へと切り替える事にした。そこで開発されたのが、鋼鉄と鉛を組み合わせて命中時に弾の変形を起こりやすくした[[5.45mm×39弾>5.45mm x39弾]]であり、その弾を使用するAK74である。高速弾でありながら[[ストッピングパワー]]は大きく、有効射程は最大1,000mに達するとの話もある。
 1960年代頃から、西側の主力歩兵銃がフルサイズの7.62mmから高速小口径の5.56mmに切り替わった事により、それに対抗するため[[ソビエト>USSR]]も[[AK47>USSR AK47]]や[[AKM>USSR AKM]]のフルサイズ短小弾から高速小口径弾へと切り替える事にした。そこで開発されたのが、鋼鉄と鉛を組み合わせて命中時に弾の変形を起こりやすくした[[5.45mm×39弾>5.45mm x39弾]]であり、その弾を使用するAK74である。
 AK74の基本構造はベースとなったAKMとほぼ同一だが、高速弾を発射するゆえに発射炎が従来より大きくなるため、これを抑えるために大型のフラッシュハイダーが取り付けられているのが特徴。また、基地内でAKM等と混同しないよう[[ストック]]に窪みがつけられている。
 なお、空挺部隊用のフォールディング(折り畳み)[[ストック]]モデルは"AKS74"と呼ばれ(上記画像)、本体下に折畳んでいた旧モデルと異なり、ストックは左側に折り畳む設計となっている。他にも、光学機器用マウントを備えたAK74N、[[カービン>騎兵銃]]モデルの[[AKS74U>USSR AKS74U]]などのバリエーションがある。
 なお、空挺部隊用のフォールディング(折り畳み)[[ストック]]モデルは"AKS74"と呼ばれ(上記画像)、本体下に折畳んでいた旧モデルと異なり、ストックは左側に折り畳む設計となっている。他にも、光学機器用マウントを備えたAK74NとそのフォールディングストックモデルであるAKS74N、[[カービン>騎兵銃]]モデルの[[AKS74U>USSR AKS74U]]などのバリエーションがある。

 AK74は1974年にソビエトの主力火器として採用され、ソビエト崩壊後の現在も、ロシアを始めとする共産主義国や周辺各国で第一線火器として使用されている。一方、西側陣営も5.45mm×39弾を参考に[[FN>ファブリク ナショナル]]社が似た性質を持つ[[SS109>5.56mm x45弾]]を開発し、後の西側陣営の主力弾となった。
 AK74は1974年にソビエトの主力火器として採用され、ソビエト崩壊後の現在も、ロシアを始めとする旧社会主義国や周辺各国で第一線火器として使用されている。

 1990年にはAK74を再設計したAK74Mが登場し、ソ連崩壊後は、民営化された[[イズマッシュ]]社が製造を引き継いでいる。AK74Mは木製部品が黒色のプラスチック製に変更されたほか、フォールディングストックが標準装備となった(このため、以前はあった『AK』と『AKS』の区別はなくなっている)。2000年代には、このAK74をベースに、新たに西側の5.56mmNATO弾などに対応した[[AK100シリーズ>イジェマッシ AK100]]が同社によって開発、製造されていたが、イズマッシュ社が経営破綻し、「コンツェルン・カラシニコフ」となって以降は、AK74は固定ストックモデル、AK74Mはフォールディングストックモデルの名称となり、いずれもソリッドなプラスチックストックを備えている。
 
 ロシア軍は1990年代に新たに[[AN94>イジェマッシ AN94]]を制式ライフルに選定したが、予算不足もあってか2000年代に至っても配備は進まず、実質キャンセル状態となっている。内外ともに、AK74シリーズが第一線を退く日はまだまだ遠いようだ。
 1990年にはAK74を再設計したAK74Mが登場し、ソ連崩壊後は、民営化された[[イズマッシュ]]社が製造を引き継いでいる。AK74Mは木製部品が黒色のプラスチック製に変更されたほか、フォールディングストックと光学機器用マウントが標準装備となった(このため、以前はあった『AK』と『AKS』、『74』と『74N』の区別はなくなっている)。2000年代には、このAK74Mをベースに、新たに西側の5.56mmNATO弾などに対応した[[AK100シリーズ>イジェマッシ AK100]]が同社によって開発、製造されており、イズマッシュ社が経営破綻し、「コンツェルン・カラシニコフ」となって以降も生産されている。

 また、日本のテロリストグループ、オウム真理教が本銃を密造していたことがあった。 作られた物は粗悪で、フルオート射撃も出来ず、数百発撃つだけで銃が壊れるような代物であったが、オウム真理教は本銃を1000挺作り、日本でクーデターを起こす計画を考えていた。 しかし密造工場と密造された銃は警察の一斉摘発によって見つかってしまい、クーデター計画は夢に終わった。
 ロシア軍は1990年代にAK-74の後継として[[AN94>イジェマッシ AN94]]を制式ライフルに選定したが、予算不足もあってか2000年代に至っても配備は進まず、実質キャンセル状態となった。2016年には新たに[[AK-12>突撃銃/イジェマッシ AK-12]]が制式ライフルにされたものの、未だ大多数はAK-74Mのままであり、内外ともにAK74シリーズが第一線を退く日はまだまだ遠いようだ。

 また、日本ではオウム真理教が本銃を密造していたが押収される事件が発生した。

|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|[[007]]|−|−|項目参照|
|[[007(ゲーム)]]|−|−|項目参照|
|[[Alliance of Valiant Arms]]|−|−|項目参照|
|[[CANAAN]]|−|−|項目参照|
|[[Combat Arms]]|−|−|項目参照|
|darkSector|ゲーム|ヘイデン・テンノ|[[47S>USSR AK47]]のストック仕様&br;ダブルマガジン仕様も有|
|darkSector|ゲーム|ヘイデン・テンノ|[[47S>USSR AK47]]の[[ストック]]仕様&br;ダブルマガジン仕様も有|
|~|~|ラスニア軍トルーパー|仕様は同上|
|~|~|ラスニア軍ハズマット|仕様は同上|
|Dead Trigger2|ゲーム|カイル|[[ダットサイト]]|
|Dead Trigger2|ゲーム|カイル|[[ダットサイト]]装着|
|[[OPERATION7]]|−|−|項目参照|
|RobiHachi|アニメ|アロ|8話&br;発砲シーンなし|
|[[SEVEN GUNNERS]]|−|−|項目参照|
|[[Seven Years Of War]]|−|−|項目参照|
|[[SOCOM: U.S. Navy SEALs]]|−|−|項目参照|
|[[S.T.A.L.K.E.R.>S.T.A.L.K.E.R.(ストーカー)]]|−|−|項目参照|
|[[TIGER & BUNNY]]|−|−|項目参照|
|[[X-ファイル]]|−|−|項目参照|
|[[アームド・アサルト]]|−|−|項目参照|
|[[アラームフォーコブラ11]]|−|−|項目参照|
|[[うぽって!!]]|−|−|項目参照|
|[[エンゼルコップ]]|−|−|項目参照|
|[[オースティン・パワーズシリーズ]]|−|−|項目参照|
|[[オペレーション・フラッシュポイント]]|−|−|項目参照|
|[[学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD]]|−|−|項目参照|
|[[ガンスリンガー・ガール]]|−|−|項目参照|
|[[キック・アス]]|−|−|項目参照|
|[[機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星>機動戦士ガンダム]]|−|−|項目参照|
|[[吸血殲鬼ヴェドゴニア]]|−|−|項目参照|
|[[キャット・シット・ワン エイティー>キャット・シット・ワン]]|−|−|項目参照|
|[[狂乱家族日記]]|−|−|項目参照|
|[[クロスファイア]]|−|−|項目参照|
|[[ケイン&リンチ]]|−|−|項目参照|
|[[コーデッドアームズ]]|−|−|項目参照|
|[[攻殻機動隊]]|−|−|項目参照|
|極道兵器|漫画|ロスタリカのゲリラ|−|
|[[コマンドーR>コマンドー]]|−|−|項目参照|
|殺されざる者|小説|J|−|
|[[コンビニDMZ]]|−|−|項目参照|
|[[さくらリンク]]|−|−|項目参照|
|ザ・松田 ブラックエンジェルズ|漫画|人民解放軍兵士|−|
|[[ジオブリーダーズ]]|−|−|項目参照|
|ストームゲート|映画|コスチャ&br;ドロニン上級中尉&br;ロシア軍兵士&br;チェチェン反乱軍兵士|74Sと74Mとの混在&br;[[GP25>USSR GP25]]装着もあり&br;[[サプレッサー>減音器]]装着もあり|
|[[砂ぼうず]]|−|−|項目参照|
|[[スパイの歩き方]]|−|−|項目参照|
|[[スプリガン]]|−|−|項目参照|
|[[スプリンターセル]]|−|−|項目参照|
|[[スペシャルフォース]]|−|−|項目参照|
|ソード・ハンド 剣の拳|映画|兵士|AKS74もあり&br;発砲なし|
|ソルジャー オブ フォーチュン2|ゲーム|ジョン・マリンス|−|
|[[スワガー・サーガ]]|−|−|項目参照|
|セイギノヒーロー|ゲーム|仲村 哲也|OPで所持|
|[[ソードアート・オンライン]]|−|−|項目参照|
|[[ソルジャーズ・アイランド]]|−|−|項目参照|
|[[ソルト]]|−|−|項目参照|
|[[太陽の黙示録]]|−|−|項目参照|
|[[タブー・タトゥー]]|−|−|項目参照|
|[[デビルサマナー>女神転生]]|−|−|項目参照|
|[[トゥームレイダー>トゥームレイダー#g45a9b17]]|−|−|項目参照|
|[[トゥモロー・ワールド]]|−|−|項目参照|
|[[トゥルーコンバット:エリート>トゥルーコンバット]]|−|−|項目参照|
|[[トータル・フィアーズ]]|−|−|項目参照|
|[[凍京NECRO〈トウキョウ・ネクロ〉]]|−|−|項目参照|
|[[特例措置団体ステラ女学院中等科C3部]]|−|−|項目参照|
|トリニティ・ブラッド|アニメ|ハンガリー軍兵士|AK74M|
|ニュースメーカーズ|映画|セルゲイ|AKS74&br;冒頭の銃撃戦で使用|
|~|~|クレイ|使用箇所とモデルは同上|
|~|~|カイラン|使用箇所とモデルは同上|
|~|~|オルダ|ボックス給弾マガジン仕様&br;使用箇所とモデルは同上|
|~|~|OMOH隊員|74Mと74Sとの混在&br;[[ダットサイト]]装着もあり|
|[[ハードコア]]|−|−|項目参照|
|[[バイオソルジャー]]|−|−|項目参照|
|[[バイオハザード5]]|−|−|項目参照|
|[[バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D]]|−|−|項目参照|
|[[バイオハザード ダムネーション>バイオハザード(映画)]]|−|−|項目参照|
|[[バイオハザード リベレーションズ]]|−|−|項目参照|
|[[バイオハザード リベレーションズ2]]|−|−|項目参照|
|ぱすてるメモリーズ|アニメ|−|11話&br;作品世界内の武器庫に保管&br;上下のハンドガードが黒色で不自然なほど細く、&br;[[ストック]]も黒色で変な形状(持った時に保持しにくいと思われる)をしている|
|[[バトルゴリラ]]|−|−|項目参照|
|[[バトルフィールド 3]]|−|−|項目参照|
|[[パニッシャー]]|−|−|項目参照|
|[[速水螺旋人の馬車馬大作戦]]|−|−|項目参照|
|バレットダウン|映画|ブラッド|中盤で使用|
|半島を出よ|小説|反乱部隊&br;サトウ|−|
|[[ひぐらしのなく頃に]]|−|−|項目参照|
|[[ヒットマン>ヒットマン(アイドス インタラクティブ)]]|−|−|項目参照|
|[[ビデオゲーム・ハイスクール]]|−|−|項目参照|
|[[ファントム オブ インフェルノ]]|−|−|項目参照|
|プラスティック・メモリーズ|アニメ|東雲|ブラックモデル&br;フラッシュハイダーの形状が異なる&br;第5話|
|~|~|アール・セキュリティ社員|~|
|[[フィアー・ザ・ウォーキング・デッド]]|−|−|項目参照|
|プラスティック・メモリーズ|アニメ|東雲&br;アール・セキュリティ社員|ブラックモデル&br;フラッシュハイダーの形状が異なる&br;第5話|
|[[ブラック・ラグーン>BLACK LAGOON]]|−|−|項目参照|
|[[フルメタル・パニック! アナザー]]|−|−|項目参照|
|[[ペーパーマン]]|−|−|項目参照|
|[[ヘルシング]]|−|−|項目参照|
|[[ボーン・スプレマシー>ボーン・アイデンティティー]]|−|−|項目参照|
|魔法科高校の劣等生|アニメ|ブランシュ構成員|−|
|[[ミッドナイトイーグル]]|−|−|項目参照|
|[[迷彩君]]|−|−|項目参照|
|メトロ 2033|ゲーム|アルチョム&br;カーン(ハン)&br;ミラー(メリニク)他多数|DPM迷彩に塗装済&br;基本はAK-74Mだが木製ハンドガードと&br;横から弾丸が見えるスケルトンマガジン標準装備|
|メトロ ラストライト|ゲーム|アルチョム、他多数|基本は2033と同様だが、迷彩は無し&br;ハンドガード上部に放熱口&br;[[ダットサイト]]や[[アドオンランチャー>擲弾発射器]]付のものもアリ|
|[[闇のイージス]]|−|−|項目参照|
|[[ヨルムンガンド]]|−|−|項目参照|
|[[ルパン三世]]|−|−|項目参照|
|[[レインボーシックス]]|−|−|項目参照|
|[[ワイルドスピード]]|−|−|項目参照|
|[[ワイルドスピード EURO MISSION>ワイルドスピード]]|−|−|項目参照|
|[[若き勇者たち]]|−|−|項目参照|
#hr
CENTER:このページの画像は[[VFCジャパン>http://www.gb-tech.jp/]]から転載しています。
CENTER:転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
----
#pcomment


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS