*US M26 MASS(Modular Accessory Shotgun System) 【散弾銃】
#ref(US M26 MASS/XM26_2_highRes.jpg,center,nolink,450x212,XM26)
#author("2019-11-08T20:27:06+09:00","default:user","user")
*US M26 MASS(Modular Accessory Shotgun System) 【散弾銃】 [#xd64dbac]
#ref(US M26 MASS/XM26_highRes.jpg,center,nolink,450x212,M4A1に装着されたXM26)
|形態|全長|重量|口径|装弾数|製造国|h
|アンダーバレル装着時|419mm|1.22kg|[[12ゲージ>ゲージ]]|5/10|アメリカ|
|スタンドアローン|610mm(銃床伸長せず)|1.90kg|~|~|~|
|~アンダーバレル装着時|419mm|1.22kg|[[12ゲージ>ゲージ]]|5/10|アメリカ|
|~スタンドアローン|610mm([[銃床>ストック]]伸長せず)|1.90kg|~|~|~|

 アメリカ軍の主力突撃銃、[[M16>コルト AR15A2]]/[[M4>コルト M4]]シリーズのアンダーバレル・アタッチメントとして開発された[[ボルトアクション]][[散弾銃]]。
 試作時にはXM26 LSS(Lightweight Shotgun System)と呼ばれていたが、後にXナンバーが取れ、制式名称の「M26 MASS」となった。設計は[[ダットサイト]]の製造で有名なC-MORE社が担当したが、製造はVertu Corporation社が行っている。
 アメリカ軍の主力[[突撃銃]]である[[M16>コルト AR15A2]]/[[M4>コルト M4]]シリーズのアンダーバレル・アタッチメントとして開発された[[ボルトアクション]][[散弾銃]]。
 試作時にはXM26 LSS(Lightweight Shotgun System)と呼ばれていたが、後にXナンバーが取れ、制式名称の「M26 MASS」となった。設計は[[ダットサイト]]の製造で有名なC-More社が担当し、製造はベルツ・コーポレーション社が行っている。

 1990年代後半、[[アメリカ陸軍]]兵士戦闘研究所(Soldier Battle Laboratory)にはM16やM4のアンダーバレル部に軽量な武器を取り付け、特殊スラッグ弾を用いたドアブリーチやバックショット弾を用いた近接戦闘、催涙弾等の非殺傷弾の使用を可能にして兵士の能力を拡張するという構想があった。なお、このアイデアの元となった1980年代のオリジナル案からは[[レミントン M870]]を使用した[[ナイツ・アーマメント社>ナイツ・アーマメント・カンパニー]]のマスターキー・システムが誕生している。
 1990年代後半、[[アメリカ陸軍]]兵士戦闘研究所(Soldier Battle Laboratory)にはM16やM4のアンダーバレル部に軽量な武器を取り付け、特殊スラッグ弾を用いたドアブリーチやバックショット弾を用いた近接戦闘、催涙弾等の非殺傷弾の使用などを可能にして兵士の能力を拡張するという構想があった。なお、このアイデアの元となった1980年代のオリジナル案からは[[レミントン M870]]を流用した[[ナイツ>ナイツ・アーマメント・カンパニー]]社の[[マスターキー>散弾銃/ナイツ マスターキー]]が開発されている。

 M26はこのマスターキーを基礎に発展させて設計された。弾倉は従来のチューブ式ではなく、着脱式のボックス型とされた。これは素早いリロードと弾種の変更を容易にするためである。排莢・次弾装填に用いるボルトハンドルは左右どちらにでも組替えができ、楽に操作できるよう比較的大きめに作られた。
 M26はこのマスターキーを基礎に発展させて設計された。弾倉は従来のチューブ式ではなく、着脱式のボックス型とされた。これは素早いリロードと弾種の変更を容易にするためである。なお[[マガジン]]は開発当時アメリカで最も一般的であった[[サイガ12>イジェマッシ サイガ12]]のものが使用されている。
 排莢・次弾装填に用いるボルトハンドルはストレートプル方式であり、左右どちらにでも組替えができ、手袋を装着した状態でも楽に操作できるよう比較的大きめに作られている。
 ハンドルは折り畳み、ドアブリーチ用のマズルデバイスはバレル方向に押し込むことでコンパクト化することが可能となっており、携行時にも便利なよう工夫されている。

 アンダーマウント用として開発された本銃だが、テレスコピックストックとピストルグリップ、ハンドガードのアタッチメントを装着すればM26のみ独立して運用できる。[[アイアンサイト>オープンサイト]]の類は備えていないが、本体上部は[[ピカティニーレール]]となっているので各種照準機器の取り付けも可能である。
 また、[[M320>HK AG36]]同様スタンドアローン運用も想定されており、テレスコピック[[ストック]]とピストルグリップを追加で装着することが可能である。レシーバー前部と固定用の後部ブラケットにそれぞれ折り畳み式の[[アイアンサイト>オープンサイト]]が備えられており、サイト間の[[ピカティニーレール]]にも各種[[照準器]]が装着可能である。
//アンダーマウント用として開発された本銃だが、テレスコピック[[ストック]]とピストルグリップ、[[ハンドガード]]のアタッチメントを装着すればM26のみ独立して運用できる。[[アイアンサイト>オープンサイト]]の類は備えていないが、本体上部は[[ピカティニーレール]]となっているので各種照準機器の取り付けも可能である。
//↑誤りである箇所が多いので全体を改訂。
 あくまで手動式の散弾銃であるため民間用モデルも販売されており、ピストルグリップのみが付属する「M26ピストル」モデル、上面レールの[[ハンドガード]]・テレスコピックストック・ピストルグリップを備えたAR15風モデルは12インチ銃身の「M26ゲートキーパー」、18インチ銃身の「M26スポーティング」モデルがラインナップされている。

 2003年に、アフガニスタンに展開したアメリカ軍兵士に少数配備され、その後2008年5月に陸軍が3万5000挺の導入を発表している。
 軍用モデルは2003年にアフガニスタンに展開したアメリカ軍兵士に少数配備され、その後2008年5月に陸軍が3万5000挺の導入を発表している。


|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|[[24 -TWENTY FOUR-]]|−|−|項目参照|
|[[G.I.ジョー]]|−|−|項目参照|
|[[アイアンマン]]|−|−|項目参照|
|[[エクスペンダブルズ2>エクスペンダブルズ]]|−|−|項目参照|
|[[ザ・ワン]]|−|−|項目参照|
|シュガーシスター1/2|小説|ユツキ|[[M4>コルト M4]]に装着|
|[[スーパーマン]]|−|−|項目参照|
|[[ターミネーター4>ターミネーター]]|−|−|項目参照|
|[[バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生]]|−|−|項目参照|
|[[バトルフィールド 3]]|−|−|項目参照|
|[[バトルフィールド 4]]|−|−|項目参照|
|[[レインボーシックス]]|−|−|項目参照|
|[[ワイルドスピード MEGA MAX>ワイルドスピード]]|−|−|項目参照|
#hr
CENTER:このページの画像は[[Wikimedia Commons>http://commons.wikimedia.org/wiki/File:XM26_2_highRes.jpg]]から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
----
#pcomment


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS