#author("2018-11-29T00:39:03+09:00","default:user","user")
#author("2019-11-30T07:13:24+09:00","default:user","user")
*HAS パンツァーファウスト / Panzerfaust 【対戦車擲弾発射器】[#s69766d2]
#ref(panzf30.gif,center,nolink,パンツァーファウスト30)
|モデル|全長|重量|口径|装弾数|製造国|h
|~PzF.30|1045mm|5.22kg|150mm|1|ドイツ|
|~PzF.60|1045mm|6.8kg|~|~|~|
|~PzF.100|1045mm|6.8kg|~|~|~|
|~PzF.150|1051mm|7.0kg|~|~|~|

 [[パンツァーシュレック>HAS RPzB43]]とほぼ同時期に開発された、使い捨て型の[[対戦車用グレネードランチャー>対物火器]]。当時のドイツ軍ではパンツァーシュレックとひとくくりにして「ラケーテ(ロケット)」とも呼んでいた((用途や見た目はロケットランチャーに近いが、構造的には[[無反動砲]]である。当時このような大型の擲弾を発射する携帯兵器は珍しかったため、現場の人間がロケットと言い間違えるのも無理からぬことではある。))。射出される弾体に空力安定板が備えられるなど、ロケット弾と非常によく勘違いされやすいものの、弾体部分にロケットモーターは無い。
 戦車猟兵((対戦車戦闘任務の歩兵))の装備であったパンツァーシュレックとは異なり、擲弾兵((大戦後期のドイツ軍一般歩兵の呼称))の装備として大量配備すべく極力簡単な構造で作られ、部品は成型炸薬騨である弾頭と、弾頭を射出させる火薬を詰めた発射筒の2つで構成されていた。実戦ではこれを小脇にはさみ(近距離で照準器を用いない場合は肩に担ぎ)、30型ではボルトを引き、ボタンを押してスプリングを解除して発射、60型以降では照準器兼安全装置を起こし、発射スイッチを握って押すと発射筒内の火薬に点火し、弾頭を発射する。最初の型では射程距離は30メートルと短いながらも、命中すれば当時の連合軍戦車の殆どを撃破できる装甲貫通力を持っていたため、対戦車火器の慢性的な不足にあえぐドイツ軍の切り札として1943年後半頃から順次部隊に配備された。
 弱点であった射程の短さも改良が施され、1944年の夏に登場した「パンツァーファウスト60」、同年秋の「パンツァーファウスト100」、そして最終生産型の「パンツァーファウスト150」(名前の後の数字がそのまま射程メートル)と次第に射程は延び、連合軍の戦車兵にとって恐怖の対象となった。
 弾道が山形で、距離が離れると命中率も悪かったが、その代わり小型で携帯性に優れ兵士にも人気があり、終戦までのたった2年間での総生産数は約670万基にものぼる。
 戦車猟兵((対戦車戦闘任務の歩兵))の装備であったパンツァーシュレックとは異なり、装甲擲弾兵((大戦後期のドイツ軍一般歩兵の呼称))の装備として大量配備すべく極力簡単な構造で作られ、部品は成型炸薬騨である弾頭と、弾頭を射出させる火薬を詰めた発射筒の2つで構成されていた。使用のさいはこれを小脇にはさみ(近距離で照準器を用いない場合は肩に担ぎ)、30型ではボルトを引き、ボタンを押してスプリングを解除して発射、60型以降では[[照準器]]兼[[安全装置]]を起こし、発射スイッチを握って押すと発射筒内の火薬に点火し、弾頭を発射する。射程距離は短く、弾道も山形で命中させるのは容易ではなかったものの、当時の連合軍戦車の殆どを撃破できる装甲貫通力を持っていたため、対戦車火器の慢性的な不足にあえぐドイツ軍の切り札として1943年後半頃から順次部隊に配備された。
 弱点であった射程の短さも徐々に改良が施されていった。1944年の夏に登場した「パンツァーファウスト60」、同年秋の「パンツァーファウスト100」、そして最終生産型の「パンツァーファウスト150」(名前の後の数字がそのまま射程メートル)と次第に射程は延び、連合軍の戦車兵にとって恐怖の対象となった。
 小型で携帯性に優れた強力な対戦車火器として兵士にも人気があり、終戦までのたった2年間での総生産数は約670万基にものぼる。一方で、大戦末期には相当数がソ連軍に鹵獲されて使用され、ソ連兵らにも好評であった。

 戦後ソ連は、捕獲したパンツァーファウスト150、そして試作段階であった、使い捨て型ではなく再装填可能なパンツァーファウスト250を参考に改良、自国向けとして「[[RPG2>USSR RPG2]]」((これも無反動砲式であるが、やはりロケットと呼ばれている。ちなみにロシアでは誘導式のミサイルでもロケットと呼ばれる。))を開発し、後に発展型の「[[RPG7>USSR RPG7]]」を作り上げた。一方、西ドイツもRPG7同様にロケットモーター付きの弾頭を発射する携帯式無反動砲・パンツァーファウスト44を開発、現代では後継の「[[パンツァーファウスト3>DNAG パンツァーファウストIII]]」が配備され、[[陸上自衛隊>自衛隊]]やスイス陸軍でもライセンス生産版を採用している。

|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|[[Battlefield V]]|−|−|項目参照|
|Dies irae&br;-Also sprach Zarathustra-|ゲーム|ヴァルター・ゲルリッツ|−|
|FESTA!! -HYPER GIRLS POP-|ゲーム|久遠寺凛|−|
|[[NEEDLESS]]|−|−|項目参照|
|悪魔のリドル|アニメ|−|第10話で、英が決闘用に用意した武器&br;ミョウジョウ学園最上階部屋のガンラックに保管|
|[[荒巻義雄 艦隊シリーズ]]|−|−|項目参照|
|ウサビッチ|アニメ|カンシュコフ|第12話 「リンチの時間」|
|~|~|ボリス&br;コプチェフ|第18話 「ダンス注意」|
|[[ウルフェンシュタイン]]|−|−|項目参照|
|[[エンジェル・ハート]]|−|−|項目参照|
|クールラント1944|漫画|ハルス・クリンベルク|『ゲルマンの騎士』収録|
|[[靴ずれ戦線]]|−|−|項目参照|
|[[クレヨンしんちゃん]]|−|−|項目参照|
|[[犬狼伝説]]|−|−|項目参照|
|[[コール オブ デューティ]]|−|−|項目参照|
|[[コール オブ デューティ2: ビッグ レッド ワン]]|−|−|項目参照|
|[[ゴルゴ13]]|−|−|項目参照|
|[[ジーザス]]|−|−|項目参照|
|[[しあわせのかたち]]|−|−|項目参照|
|[[シティーハンター]]|−|−|項目参照|
|不死(しなず)の猟犬|漫画|リン|第2話|
|[[真・女神転生 デビルサマナー>女神転生]]|−|−|項目参照|
|[[人狼 JIN-ROH]]|−|−|項目参照|
|[[ストライクウィッチーズ]]|−|−|項目参照|
|[[スナイパー エリート]]|−|−|項目参照|
|世界征服&br;〜謀略のズヴィズダー〜|アニメ|鹿羽 吾朗/ピェーペル将軍|−|
|[[戦場のピアニスト]]|−|−|項目参照|
|ドラゴンボール|漫画|ヤムチャ|第十話|
|橋|映画|ヴァルター|−|
|[[速水螺旋人の馬車馬大作戦]]|−|−|項目参照|
|[[ヒトラー 〜最期の12日間〜]]|−|−|項目参照|
|[[フューリー]]|−|−|項目参照|
|[[ブラザー イン アームズ]]|−|−|項目参照|
|[[フルメタル・パニック!]]|−|−|項目参照|
|[[ヘルシング]]|−|−|項目参照|
|水瀬まりんの航海日誌(ログブック)|漫画|霧島 由花|腰のベルトに吊るしている&br;第3話|
|[[迷彩君]]|−|−|項目参照|
|ラブひな|漫画|浦島はるか|9巻、10巻で瀬田に対しての反抗、浦島景太郎攻撃用に使用|
|[[ルパン三世]]|−|−|項目参照|
|[[ワイルド7]]|−|−|項目参照|
#hr
CENTER:このページの画像は[[ENDOの部屋>http://avro504.web.fc2.com/]]から転載しています。
CENTER:転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
----
#pcomment


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS