*イジェマッシ AK-12 / Ижмаш АК-12 【突撃銃】
#author("2019-09-05T12:42:52+09:00","default:user","user")
*イジェマッシ AK-12 / Ижмаш АК-12 【突撃銃】 [#k607436f]
#ref(AK-12.jpg,center,60%,AK-12)

|モデル|全長|重量|口径|装弾数|発射速度|発射形式|製造国|h
|~AK-12|945mm|3.3kg|[[5.45mm×39&br;5.56mm×45&br;7.62mm×39&br;7.62mm×51>口径]]|30/60/100|600発/分&br;[[3点バースト>バースト]]時 1000発/分|S/3/F|ロシア|
|AK-12(2013年以前の試作型)|945mm|3.3kg|[[5.45mm×39>5.45mm x39弾]]&br;[[5.56mm×45>5.56mm x45弾]]&br;[[7.62mm×39>7.62mm x39弾]]&br;[[7.62mm×51>口径]]|30|700発/分|S/3/F|ロシア|
|AK-12(2014年以降の試作型)|~|~|~|30|700発/分|S/2/F|~|
|AK-12(量産型)|880/940mm|~|[[5.45mm×39>5.45mm x39弾]]|30/95|700発/分|S/2/F|~|
|AK-15(量産型)|~|~|[[7.62mm×39>7.62mm x39弾]]|30|700発/分|S/2/F|~|
|AK-308(量産型)|~|~|[[7.62mm×51>口径]]|20/30|700発/分|S/2/F|~|
|RPK-16(量産型軽機関銃モデル)|900/1080mm|4.5kg|[[5.45mm×39>5.45mm x39弾]]|30/95|700発/分|S/F|~|
|TR-3|880/940mm|3.3kg|[[5.45mm×39>5.45mm x39弾]]&br;[[7.62mm×39>7.62mm x39弾]]|10|−|S|~|

 2010年にロシア国防省によって公開された[[AK-47シリーズ>USSR AK47]]の最新モデル。当初はAK-200の名称で紹介され、2011年からテストが行われているという。
 2010年にロシア国防省によって公開された[[AKシリーズ>USSR AK バリエーション]]の最新モデル。ウラジーミル・プーチン首相(当時)が査察のため製造元である[[イジェマッシ>イズマッシュ]]社へ公式訪問した際、AK-200の名でデモンストレーション段階であった本銃が披露された。2011年からテストが行われているという。2014年12月にはロシア軍への制式採用が決定され、順次配備を進めるとされている。
 同社では[[AK-47>USSR AK47]]を第1世代、[[AK-74とAK-74M>USSR AK74]]をそれぞれ第2、第3世代、[[AK-100>イジェマッシ AK100]]系を第4世代のカラシニコフ・ライフルとしており、最新のAK-12は第5世代に当たるという。

 外見は[[AK-74M>USSR AK74]]を元にして明らかな改良点が見られ、セレクターがグリップハンドの親指で操作可能な[[アンビ]]のものとなり、押しボタン式の[[マガジンキャッチ]]が追加されている。[[ハンドガード]]やレシーバートップに[[ピカティニーレール]]を備え、[[ダットサイト]]や[[レーザーサイト]]、[[フラッシュライト>タクティカルライト]]などを取り付けられるようになっている。またこれまでの[[GP25/GP30>USSR GP25]][[擲弾発射器]]を銃身下に取り付けることも可能。[[ストック]]は、伸縮折り畳み可能な新型になっている。ヒンジ部が新設計となっているようだが、AK-74Mと同様の外観のストックへ交換することができるようだ。
 弾倉はAKシリーズと共用可能で、60発の[[複々列弾倉>ダブルカラム]]や100発の[[ドラムマガジン]]にも対応する。バレルやフラッシュハイダーにも改良が加えられ、射撃精度もより向上したとメーカーは主張している。
 外見は[[AK-74M>USSR AK74]]を元にして明らかな改良点が見られ、セレクターがグリップハンドの親指で操作可能な[[アンビ]]のものとなり、押しボタン式の[[マガジンキャッチ]]が追加されている。重要な変更点として、単なる「カバー」であったため土台自体の固定精度が緩く各種光学照準器の設置に適していなかったトップカバーがヒンジ付きのものとなっており、固定精度を大幅に高めている。
 [[ハンドガード]]やレシーバートップに[[ピカティニーレール]]を備え、[[ダットサイト]]や[[レーザーサイト]]、[[フラッシュライト>タクティカルライト]]などを取り付けられるようになっている。またこれまでの[[GP25/GP30>USSR GP25]][[擲弾発射器]]を銃身下に取り付けることも可能。[[ストック]]は、伸縮折り畳み可能な新型になっている。ヒンジ部が新設計となっているようだが、AK-74Mと同様の外観のストックへ交換することができるようだ。
 弾倉はAKシリーズと共用可能で、50発((AK74用に60連のものが存在することは有名であるが、これは実地試験で給弾不良が多く、現場では10発ほど少なく装填することで安定した使用が可能とである発見されたため、AK12用のものは、最初から10発少なく入るよう再設計された。))の[[複々列弾倉>ダブルカラム]]や96発の[[ドラムマガジン]]にも対応する。バレルやフラッシュハイダーにも改良が加えられ、射撃精度もより向上したとメーカーは主張している。

 バリエーションとしては、[[カービン型>騎兵銃]]のAK-12U、拳銃弾を使用する[[短機関銃型>短機関銃]]のPPK-12、[[狙撃銃型>狙撃銃]]のSVK-12、[[軽機関銃型>軽機関銃]]のRPK-12が計画されている。また、民間型として、[[.223レミントン弾>5.56mm x45弾]]モデルや、12[[ゲージ]]の[[散弾銃]]型が、2013年に発売されるとのアナウンスが出ている。
 軍用バリエーションとして、[[カービン型>騎兵銃]]のAK-12U、拳銃弾を使用する[[短機関銃型>短機関銃]]のPPK-12、[[狙撃銃型>狙撃銃]]のSVK-12、[[軽機関銃型>軽機関銃]]のRPK-12が計画され、民間型として[[.223レミントン弾>5.56mm x45弾]]モデルや12[[ゲージ]]の[[散弾銃]]型モデルが予定されていた。

 ちなみに、当時首相であったウラジーミル・プーチンが、製造元である[[イジェマッシ>イズマッシュ]]社へ公式査察に訪れた際、同社から当時まだAK-200の名でデモンストレーション段階であった本銃がプレゼントされている。

#ref(ak12 2016.jpg,right,around,nolink,50%,Ak12 2016)

#br
 2016年には各種操作系統は従来のAK-74に近い最新モデルが発表された。変更点としてストックは[[AR-15>コルト AR15A2]]互換のものを装備可能(かつ折り畳み可)、銃身の[[フリーフロート>フリーフローティングバレル]]化、トップカバーの固定方式をヒンジから前後の楔ピン式に変更し従来同様カバーを取り外し可能となっている。
 また、ガスブロックは他の近代的なガスピストンシステム同様先端プラグ式となっており、これを取り外すだけで内部の清掃が可能となった。このシステムは現代では[[サプレッサー>減音器]]のためのガス圧調節ダイヤルを兼ねることが多く、AK-12系統も将来的にこのパーツを交換するだけでガス圧調節が可能になるものと見込まれている。
 マガジンには5発ごとの残弾確認窓を有する[[ポリマー>ポリマーフレーム]][[マガジン]]が登場。近代的なマガジンにしばしば見られる、底面を地面と水平にカットしてマガジン自体が簡易な[[モノポッド>バイポッド]]として機能するようになっているほか、ユニークな機構として、30発フル装填時にはマガジン底面プレートからピンが突出し、全装填済みであることを認識可能となっている。無論、このマガジン自体を含めマガジン互換性は旧来のAKライフルと同等である。
 以上のように、最終モデルでは従来の操作系統を組み込みつつも大幅な現代化が為された。

 バリエーションについては「AK-12」が5.45mmx39モデル、「AK-15」が7.62mmx39モデルとなった。それぞれについて[[カービン>騎兵銃]]モデルとして「AK-12K」「AK-15K」が、軽機関銃モデルとしては5.45x39mm弾を使用する「RPK-16」がある他、民間向けにはセミオートのみの「TR-3」がロシア国内の銃規制に対応した10発マガジンと共に販売されている。


|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|[[Alliance of Valiant Arms]]|−|−|項目参照|
|[[暗殺教室]]|−|−|項目参照|
|[[ゴーストリコン フューチャーソルジャー]]|−|−|項目参照|
|[[コール オブ デューティ: アドバンスド・ウォーフェア]]|−|−|項目参照|
|[[コール オブ デューティ: ゴースト]]|−|−|項目参照|
|自衛隊上がりのかーちゃんが怖い|漫画|−|第6話、内藤のイメージ内で登場|
|[[バトルフィールド 4]]|−|−|項目参照|
|[[レインボーシックス シージ>レインボーシックス#siege]]|−|−|項目参照|
#br
#hr
CENTER:このページの画像は[[ウィキメディア・コモンズ>http://en.wikipedia.org/wiki/File:AK-12_Engineering_technologies_international_forum_-_2012_01.jpg]]から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
----
#pcomment


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS