*小倉陸軍造兵廠 九七式自動砲 【対物自動小銃】 [#odfaf31b]
#ref(jp97atjh.gif,center,nolink,九七式自動砲)
|全長|重量|口径|装弾数|発射形式|製造国|h
|2060mm|59.0kg|20mm|7|S|日本|

 旧日本陸軍が1937年(皇紀2597年)に開発した[[セミオート]]式[[対戦車ライフル>対物火器]]。旧陸軍が戦力化した数少ない、と言うよりほとんど唯一の歩兵用対戦車火器である。なお、一般的な分類上は対戦車ライフルだが、当時陸軍では口径13mm以上の火器を『砲』に分類していたため、『自動砲』の名称が付けられた。
 開発にあたってはスイス・ソロータン社のs18-1000ライフルが参考にされたといわれるが、歩兵でも運搬できるようにハンドルを追加するなど、独自のアレンジも加えられている。とはいえ全長2m、重量60kgという破格の図体ゆえに、運搬だけでも通常4名、最低2名を必要とし、加えて設置や装填など、一挺の運用に総勢10名もの手をわずらわせる怪物ぶりだった。メカニズムも独特で、ボルトの開放はガス圧利用、後退は反動利用、さらに油圧利用の駐退器にストック内のショックアブソーバーと、ほとんど大砲並みの重装備だった。
 ちなみに価格は当時の相場で6,400円。[[三八式歩兵銃>東京砲兵工廠 三八式歩兵銃]](77円)の80倍以上と、これまた図抜けて高価なライフルだった(もはやライフルとは言えないかも知れないが)。
 歩兵でも運搬できるようにハンドルが設けられているが、全長2m、重量60kgと大きく重いため運搬だけでも通常4名、最低2名を必要とし、加えて設置や装填など、一挺の運用に総勢10名も必要とするほどだった。メカニズムも独特で、ボルトの開放はガス圧利用、後退は反動利用、さらに油圧利用の駐退器にストック内のショックアブソーバーと、ほとんど大砲並みの重装備だった。
 価格は当時の相場で6,400円。[[三八式歩兵銃>小銃/東京砲兵工廠 三八式歩兵銃]](77円)の80倍以上と、値段も高価であった。
 肝心の威力については諸説あるが、一般には距離350mにて鋼板30mm、700mでは20mmを貫通できたという。発射速度は毎分7〜12発だった。
 なお当時の日本軍の例に漏れず、当銃にも[[銃剣]]を取り付けられる。無論白兵戦を想定したものではなくバラストとするためだが、あまり意味を成さなかったらしい。
 なお当時の日本軍の例に漏れず、当銃にも[[銃剣]]を取り付けられる。

 化け物じみたサイズと価格を除けば、当時の諸外国の対戦車ライフルと比較しても遜色ない銃だったが、活躍の機会には恵まれなかった。採用の2年後に勃発したノモンハン事変にも投入されたが、戦果はおろか、配備数についても正確な記録が残っていない。当時、[[ソ連>USSR]]軍主力だったBT系高速戦車は決して重装甲ではなかったが、避弾経始に優れた装甲と足の速さで、九七式ではなかなか有効弾を与えられなかったといわれている。
 その後、高コストがネックになったか一旦生産中止となってしまうが、他にこれといった代替もない中、1943年(昭和18年)には、日本特殊鋼株式会社よって少数ながら再生産された。しかしこの頃には戦車の装甲・防御強化が著しく、他国の対戦車ライフル同様、もはや有効な対戦車兵器ではなくなっていた。
 それでも太平洋戦争(大東亜戦争)末期には、一部が前線で[[フルオート]]式に改造され、対空機関砲としても使用された。しかし、装弾数わずか7発では弾幕を張るには心許なく、あくまでも窮余の一策であった。
 そしてこの応急対空型(対空型としては『九八式二十粍高射機関砲』という亜種が造られ、対戦車にも用いられている((生産数:約4,600門)))の戦果も記録がなく、九七式の実力が正しく評価される機会は永遠に失われてしまったのである。
 対空型としては『九八式二十粍高射機関砲』という亜種が約4,600門ほど造られ、対戦車にも用いられているが、やはりいずれも戦果は記録されていない。
 オリジナルの九七式自動砲の最終的な生産数は約400挺とされている。

 九七式自動砲の最終的な生産数は約400挺といわれている。残念ながら数の上でも戦力とはなり得なかった。

|登場作品|ジャンル|使用者|備考|h
|[[ストライクウィッチーズ零>ストライクウィッチーズ]]|−|−|項目参照|
|[[ダイナマイト刑事(PS2版)>ダイナマイト刑事]]|−|−|項目参照|
|[[機動警察パトレイバー]]|−|−|項目参照|

#hr
CENTER:このページの画像は[[ENDOの部屋>http://www1.ocn.ne.jp/~avro504/]]から転載しています。
CENTER:転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。
#hr
----
#pcomment


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS